まいにち食べたい“ごはんのような”シフォンケーキの本

  • 主婦と生活社
4.11
  • (42)
  • (42)
  • (26)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 444
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・本 (88ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784391626216

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • クッキーの本と、マフィンとケーキの本はバイブルのようになってるけど、シフォンの本は初。シフォンは20年くらい前に作ってたけど、離れていた。
    最近ふわっふわの、でもどっしりとしたシフォン生地が食べてみたくなり手に取ってみた。そういや型も持っているのだしと思って。楽しみに挑戦してみよう。

  • 大好きなしほさんのレシピ。なんせ簡単♡
    挿絵も可愛い♡毎日でも食べたい♡

  • 最初に基本のシフォンということで4種類、豆乳、レモン、チョコレート、バナナのシフォンケーキがたくさんの写真とともに作り方が丁寧に書かれています。

    あとはバリエーション(「おばあちゃんのいちごシフォン」が美味しそう)、余ったシフォンケーキの発展レシピ、そしてシフォン生地のケーキ(かすてらがおいしそう)。

  • Sinple is best!!

  • 家にある材料ですぐ作れるのがいい!

    食べたいな〜と思ったら作ればいいと思うようになった。シフォンは型からはずしたりするのが面倒なので、シフォンの材料でカップケーキにしています。

    チョコシフォンは最高においしかった!

    基本の作り方はすべて同じなので、何度か作れば暗記出来ます。で、あとは何味にするか、オリジナルで作っても失敗しないレシピ。

    後片づけがラクなのもよい。

  • スタンダードなプレーンシフォンを作った。
    豆乳のかわりに牛乳を使用し、シフォン型がなかったので鍋で代用したので、底上げや膨らみがいまいちだったが、
    それでもものすごく美味しかった。

    こんなに美味しいお菓子が家で手軽に作れるのはすごい。

  • バターを使わない!
    しっとりもっちりで美味しいです。
    いろんなバリエーションが載っているので、次はどれを作ろうか迷ってしまいます。

  • 購入候補

  • バターも生クリームも使わない、オーガニックなお菓子というのに、ひかれて読んでみました。

    本当に、小麦粉、卵、きび糖、菜種油だけで、美味しいお菓子ができたら、いいなと思いましたが。。。

    作ると、絶対いっぱい食べてしまいそうで、菜種油も買ったけれど、まだ手を出せていません。

  • なかしましほさんのコンセプトが大好き。
    ふくらし粉を使わずに、卵白の力で
    フワッフワのシフォンが作れます。
    とっても楽しいよ。

  • シンプル
    贅沢なお菓子って感じしなくて、ホッとして食べれて、良い(⌒▽⌒)癒し!

    バナナとチョコしか作ってない

    チャイとか、ハニージンジャーとか、山桜と甘納豆とか、作りたい

    桜の塩漬けって売ってるのかな?

  • クッキーの本を持っていて、言われた通りの材料でやればとっても美味しいとわかり憧れのシフォンを購入。
    作り方のコツをつかめば、あとポイントは菜種油。
    他の油ではこうはならないのです。

  • レシピが要求する材料を手に入れることは、少しハードルが高いかもしれない。
    だけど、このシフォンケーキを作ったら、あまりに綺麗に生地の密の整った、おいしいシフォンができたのですっかりファンになりました。
    材料以外の難点は、シフォン台17cmのレシピしかないことかなー。まぁちょうど18cmを手放したところなので、購入してもいいんだけど。シフォンは冷凍できますしね!

  • 作り方が丁寧に書かれているので利用しやすい

  • ママ友からプレゼントされたシフォンケーキがあまりにも美味だったので、以来、彼女とシフォンケーキのファンになりました 笑。興味を持って調べたり、食べたりしているうちに、気づけばこの本が我が家に 笑。既に三回作りましたが、手順がわかりやすく、材料は最小限のマクロビ。まさに毎日食べたいシフォンケーキが我が家に。

  • 体に優しい素材でできるお菓子.女性が好むシフォンケーキが焼ける.膨らますためには致し方ないが,使う卵の数が多いのが少し気にはなります.

  • はじめてシフォンケーキつくりましたが、もちっふわっでうまくできましたー。体にいいものだけで自分でわりと簡単につくれるシフォンケーキにはまりそう。プレーンしか試してないので他も作りたい。

  • まだシフォンケーキを実際に作った訳じゃないけど、切実に食べたい!おいしそう!私が特に気に入ったところは、マーガリンやバター、生クリームなどは一切使わないところ。他の材料も絶対に農薬や漂白剤とかそういった余分な添加物が入っていないものだけを厳選して使っていること。サラダ油の代わりになたね油を使っていること。これは食品添加物に対するクレームは達人級の(自称)私でもスバラシイ!と感動しました。お菓子作りができるようになったらいつか必ず作りたい!見るダケでも十分楽しめました。

  • 『ごはんのような・・』のクッキーの本が
    とても気に入ったので購入しました。
    シフォンケーキは初挑戦でしたが、
    びっくりするほどちゃんと膨らんでくれました。
    他の皆さんもおっしゃっていますが、
    材料の卵が使いきりのレシピになっているのがうれしいです。
    バナナシフォンはもちろんのこと、抹茶のスフレケーキを
    オットがとても気に入り、よく焼いています。

  • この本は、卵白4個、卵黄4個で材料が余ることなく作れるのがすごくいいです☆
    あと、卵白を10分間冷凍庫で冷やすという方法も、きめの細かい、しっかりとしたメレンゲが作れ焼きあがりが違います^^♪
    これからは、この分量、方法で作っていきたいと思います。

    この本からたくさん作りましたが、その中でも
    お気に入りレシピは
    ・豆乳のもっちりシフォン
    ・バナナのどっしりシフォン
    ・チョコレートのざっくりシフォン
    ・抹茶のスフレケーキ
    です♪ シンプルが一番おいしいです!

  • 見やすくて、丁寧なレシピ。
    変わり種も多いので、楽しみになる。

  • まいにち食べたい"ごはんのような"クッキーですっかりファンになってしまったなかしままほさんのシフォンケーキの本です。
    常識をつくがえす全卵使い切れるシフォンケーキ。またも材料&手順がシンプル。ただケーキは焼き時間が長いので私としてはとっかかりに気合いが必要でチャレンジはまだなのです。
    巻末にロールケーキやカステラのレシピもあって満足度が高い1冊です。

  • シフォンは得意なケーキの一つ。
    去年この本を購入するまでは別のレシピで作ってました。
    …が、このレシピだと出来上がりが全然違います!
    なにより卵白・卵黄共使いきれるのがいい。

    もちもちしっとり。でも軽い。
    カステラ、ロールケーキなどのアレンジもたくさん載ってるので使えます。

  • 卵黄と卵白を同じ個数でよいレシピがお気に入り。もっちりとふわっとの2層タイプのシフォンです。イラストや写真もかわいいし、どんな食材を使ってるかとか細かく紹介してるし、作り方も丁寧でわかりやすいです。

  • 実はあまりシフォンケーキのレシピは
    こちらを利用していません。が
    近いものでよく作ります。
    まいにちシリーズ続きます。

  • 何回も作っているレシピです。しっとりもっちりな食感と滑らかな舌ざわりが私の好みにドンハマリの絶品シフォン、しかも卵黄が余らないという有難さ。豆乳がない時は牛乳に替えて作ったりしてますが、これもおいしいです。

  • ちょっともっちりしたシフォンケーキが焼けます。
    卵白・卵黄同量なのがズボラな私にはありがたいです。

  • もちもちのおいしいシフォンケーキレシピ。
    失敗しにくいし、アレンジも豊富。これからも作りたいです。

  • 作り方の説明が細かくわかりやすい。
    色々なものを使ったシフォンの作り方があって面白い。

  • バターも生クリームも使わない優しいお味。
    とっても素敵なレシピ本です。

    シフォンケーキのベースは全てこの一冊と言っても
    過言ではないかも!

    家庭のオーブンで焼き具合を調整する必要があるかもです*

全38件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

なかしま しほ
1972年新潟県生まれ。レコード会社、出版社勤務を経て、ベトナム料理店、オーガニックレストランでの経験を重ねたのち、料理家に。2006年「foodmood(フードムード)」の名で、体にやさしい素材を使って作るお菓子の工房をスタート。各種イベント、ワークショップなどで活躍中。
著書に『まいにち食べたい“ごはんのような”シフォンケーキの本』『まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとビスケットの本』『まいにち食べたい“ごはんのような”ケーキとマフィンの本』『まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとクラッカーの本』(すべて主婦と生活社刊)、『みんなのおやつ ちいさなレシピを33』(ほぼ日刊)、『おやつですよ』(文藝春秋刊)など。

なかしましほの作品

まいにち食べたい“ごはんのような”シフォンケーキの本を本棚に登録しているひと

ツイートする