おかずとごちそう―毎日のごはんに、ときどきのおもてなしに。いつでも作 (別冊すてきな奥さん)

著者 :
  • 主婦と生活社
4.00
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 21
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (95ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784391627312

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • おしゃれで写真を見てるだけで、お腹いっぱい。

  • 表紙になっている野菜たっぷりローストチキン
    (鶏腿肉を大量の香味野菜と夏野菜と一緒にローストして、
     焼けたにんにくを潰してソース代わりにしながら食べる)
    の画像が凶悪すぎて衝動買いしたんですが、
    全体的に素敵感の溢れるレシピで実用度が高いです。
    下北沢のビレバンで、体位の文化史と一緒に買ったことさえ別にすれば。

    別冊すてきな奥さん な事には、たった今、気が付きました。

  • まず表紙の料理にすごく惹かれて。
    ひらけてみてもどれもこれもおいしそうで。
    ハービス大阪のANGERS ravissantでみつけました。

  • 料理の内容が、どれも使えるメニューばかりで1冊あれば
    おもてなしの時に役に立つと思いまーす。

  • 簡単に作れて難しくない料理本です。
    説明もシンプルでわかりやすいです。
    材料なども身近なものばかりで作れます。
    写真がとても好みです。
    野口さんのお人柄もとても好きです。

  • 表紙で決めました。
    とてもダイナミックな料理の数々。
    なかなか見応えがあります。
    春野菜を使ってキッチンに立ってみようかな。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

料理雑誌の編集者を経て料理研究家に。現在は、書籍や雑誌、テレビなどで活躍するかたわら、主に主婦を対象にした料理教室も開催している。2児の母でもあり、家族の健康のために栄養バランスを考慮しながらも、身近な食材や調味料で手軽に作れる家庭料理にファンが多い。著書に『オーブン料理 とっておき』(主婦と生活社刊)、『ぱらぱらきせかえべんとう』(アノニマ・スタジオ)など多数。

「2021年 『パスタとサラダ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野口真紀の作品

ツイートする
×