まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとビスケットの本

  • 主婦と生活社
4.26
  • (126)
  • (97)
  • (38)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 1144
レビュー : 96
  • Amazon.co.jp ・本 (88ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784391628173

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なかしましほさん、大好き。
    素朴でやさしい味わいとしっかりしたさくさく食感がやみつきになります。
    簡単だし、ヘルシーなのもよし。

    黒ゴマスティックとスマイルビスケットは、ほぼ日で見てから何度も作って、
    連載してた「ちいさなレシピを1ダース」もいろいろ作りました。
    「もっちりシフォンさっくりクッキーどっしりケーキ」のレシピも愛用してます。

    この本はタイトル通り、クッキー、ビスケットのレシピ集。
    娘とも一緒に、猫の手でぐるぐる~、両手ですりすりーとやりました。

    何度もやってるとさすがに上手くなってきて、手早くいい感じにできるようになったと思うのだけど。
    一度、なかしまさんのお店のを食べて、どのくらい近づけてるか知りたいな。

  • 娘と私のおやつにとクッキーを焼き始めてから
    いろいろ調べて最終的に出会ったのがこの本。
    買う前からいろいろとさんざん悩んで珍しく吟味。
    普段は本を買うときにあまり躊躇しないけれど、クッキーのレシピくらいはネットで調べられるし…なんておもって迷った。
    でもこれは本当に買って正解。

    本当のことを言うと、初めて作ったときは粉がまとまらなくて、
    うまく焼けず大失敗した。
    それは、
    ・油を大匙から最後の一滴までいちんといれる
    ・欲張って沢山作らず、規定量通りにつくる
    ・油を入れてからしっかりとまぜる
    という3点をおろそかにしていたからだった。

    今日気持ちを整えて再度挑戦したところ、とても美味しくできた。
    いままでもメープルシロップ入りを作ったことはあったけれど、
    これは本当に食べ応えがあり香り豊か。

    残念ながら菜種油が手に入らず、家にあったオーガニックの油が
    オリーブオイルだけだったのでとりあえずこれで代用。
    キャノーラ油もなかったので、しかたなく。
    多少においは気になるけれど、十分美味しかった。

    今度はラム入りを作ってみたい。娘にはあげられないけれど。

  • 最近バターとか生クリームとか苦手なので、これ、おいしかった。

  • 材料にバターや卵を使わず、菜種油やメイプルシロップなど植物性の材料のみで作るため普通のビスケットなどとは食感も風味も違い、あっさりしていて、バターや砂糖が入った通常の焼き菓子嫌いの人も食べられるのではないかと思います。
    材料も手順も少なく、なにより洗い物が少ない。少し時間が空いた時に気軽に作っておけるので、めっきりスナック菓子を買わなくなりました。
    本で紹介されている他のレシピも簡単で美味しそうなものばかり。結局自分で本を購入してしまいました。
    何度でも作れる、毎日食べられる美味しいレシピがぎゅっとつまった一冊です。

  • 本当に毎日作っているクッキーのレシピは全てこれ。今日も作ったし明日もたぶん作る。生地の基本は全て作り方が同じなのでマスターすれば掲載のレシピはたぶんほぼ出来るはず。ただし生地をまとめられるようになるまで、何回も練習しないといけない。私はそれすら楽しい。上達するのがわかるんだよねぇ。ほぼ日の動画は20回くらい見た。
    計量から洗い物まで一時間以内に完了するのも、段取りの悪い私でも続けられる理由の一つ♪

  • ヘルシーな材料で作るクッキー。体に良さそう。だたし材料が手に入るかな…。
    70ページのじゃがいもとローズマリーのクラッカー作りたい!

  • 過去にもなかしましほさんのレシピで作ったことがあるのと、これといったクッキーのレシピを知らなかったので図書館で予約して借りてきた。

    型抜き、はちみつジンジャー、チャイ、ココアママレード、にんじん。貸出期間の2週間で計7回くらい作った!

    材料さえあればそれくらい簡単に作れた。作り始めて焼きあがるまで1時間かからない。

    バターが少ないからいっぱい食べたくなってしまう。

    こねすぎてしまうのか、固くなりがちで夫の反応はいまいち。でも私は自分で作ってるから素朴でおいしい!

    この本、買って家に置いておいてもいいかも。

  • 分量良く考えられてて、試作するとよくわかる。なるべく体にやさしくと。

  • 素朴な美味しさが好きです。そして作りやすいです。子供にも安心して食べさせられますし、子供も大人もこの本のクッキーが大好きです。

  • マクロビオティック的な内容で材料費は高騰しがちなかんじかな…借りた目的はp83のフライパンでのクッキーの焼き方。
    ノリ塩クラッカーp68 応用ききそうだな

全96件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

なかしま しほ
1972年新潟県生まれ。レコード会社、出版社勤務を経て、ベトナム料理店、オーガニックレストランでの経験を重ねたのち、料理家に。2006年「foodmood(フードムード)」の名で、体にやさしい素材を使って作るお菓子の工房をスタート。各種イベント、ワークショップなどで活躍中。
著書に『まいにち食べたい“ごはんのような”シフォンケーキの本』『まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとビスケットの本』『まいにち食べたい“ごはんのような”ケーキとマフィンの本』『まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとクラッカーの本』(すべて主婦と生活社刊)、『みんなのおやつ ちいさなレシピを33』(ほぼ日刊)、『おやつですよ』(文藝春秋刊)など。

なかしましほの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
なかしま しほ
村上 春樹
飯島奈美
有効な右矢印 無効な右矢印

まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとビスケットの本を本棚に登録しているひと

ツイートする