大人女子のためのワードローブ改革 (ナチュリラ別冊)

著者 :
  • 主婦と生活社
3.13
  • (0)
  • (8)
  • (4)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 49
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784391636550

作品紹介・あらすじ

あなたは、今の自分のクロゼットに満足していますか?
年齢に合ったおしゃれを楽しむ秘訣は、すばり「クロゼットの見直し」にあります。

「服はたくさんもっているのに、明日着る服がない……」

いえいえ、手持ちの服を整理して“見える化”すれば、おしゃれを格上げできるんです!
流行のアイテムをたくさんもっていなくても、ベーシックアイテムを駆使してセンスアップするアイデア満載の一冊ができました。

人気女性誌で活躍中のスタイリストであり、多くの人の“おしゃれカウンセリング”を行ってきた著者ならではの鋭いながらも愛あるアドバイスは、きっと大人女子の心に刺さるはず!

読んだらすぐ、おしゃれになれること、間違いなしです!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 本当に必要な服だけにしてコーディネートをしやすくするクローゼットの作り方
    まさにそろそろ何を着れば似合うかわからなくなってきた年齢なのでドンピシャの本だった
    数年前の本だがとても良かった
    もともとスタイル抜群なモデルさんが、とかではなくて
    一般人がオシャレになれる コンセプトなのが良かった

  • 図書館にて。
    やっぱり、好きな服が似合う服じゃないんだなと実感。
    私もぜひプロの方のご指導を賜りたい。
    自分の母を見ていても思うが、服をシンプルにすることってもしかしたら勇気がいることなのかもしれない。
    柄や装飾を足していくことで、若々しさやおしゃれさを足していると錯覚しているのかも。
    でもシンプルさで勝負するのって、自分のあらを隠せないような気がするものなのかもしれない。
    着るものにはその時の自分が出てしまうのかもしれないな。

  • 2016.4.25

  • 実際の例を見ると、確かにこの人には若作りだとか合ってないとか分かり、なるほど客観的に洋服を見つめ直すことが大切だなと気づいた。

  • どんな方向性にするのか(ナチュラル、クールとか)
    ベーシックな物は何か(シャツとかジャケット、スカート)
    テイスト別に分けて、残すもの、処分するものに分ける。見やすく取り出しやすくしまう。
    その際、サイズを特にチェック。大きすぎるものを選ばない。
    自分の年齢をかんがえる。老けて見える、若づくりになるものは処分。

    すっごいわかりやすくて実用的に使える本。
    あまり服装に興味がないまでいかなくてもどうしたらいいのかわからない人向け。

  • 服はたくさんあるのに何を着たらいいのかわからない症候群の私に捨てることを決意させた本です。まだ決行してませんが(^_^;)トルソーにコーディネートした服は10倍素敵に見えちゃうので、モデルが素人なのが良かった。

  • 「毛玉は食器洗いのスポンジの硬い方で取れる」が役立った。

  • 大人女子wと笑って手に取ったら、
    想像以上に今の自分に必要な情報満載だった。
    クローゼットが20代のまま止まっている人、
    40代だから落ち着かないとと黒など地味色ばかりになってオバサンぽくなっている人など、
    かなり心が抉られましたw
    予算が許すなら、この本を元に服をすべて買い直したくなる一冊です。

全8件中 1 - 8件を表示

大沢早苗の作品

ツイートする