唯識とは何か―『法相二巻抄』を読む

著者 :
  • 春秋社
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (439ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393135341

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2012.01.19
    五位百法について、良遍の解説がピックアップされている。
    これってもしかして、「事事無礙法界」の構成要素?
    聖の意味も俗の意味も持つ、法っていったいなに?

    法?
    <1>存在するもの・・・~がある。いる。
    <2>(仏陀による)説教・・・教法
    <3>真理・・・真如

    法の原語は、ダルマ。
    ダルマは、保つ、維持する、守るという意味。
    自己固有の特質をつねに保持しつづける。

    法相宗の目的は、法の相、すなわち「存在するもの」としての法のすがた・あり方、あるいは特質を解明すること。その際の手がかりとなるのは教法としての法である。この教法としての法をまずは正しく聞き、つぎに聞いた教えの内容を現実に存在する法を通して正しく思惟(しゆい)し、観察して、最後に真理として法を悟ることをわれわれに要請される。 (P12)

    (・・。)ん 法相宗の法相ってそういう意味だったの?

    To be continued....

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1940年、福岡県生まれ。東京大学農学部水産学科、同文学部印度哲学科卒業、東京大学大学院印度哲学博士課程修了。立教大学名誉教授、鹿島神流師範、唯識塾」塾長。専攻は唯識思想。著書に『唯識思想入門』『唯識の哲学』『仏教思想へのいざない』『唯識とは何か』『十牛図の世界』『わが心の構造』『「唯識」という生き方』『唯識入門講座』『唯識仏教辞典』『阿頼耶識の発見』ほか多数。

「2016年 『唯識の思想』 で使われていた紹介文から引用しています。」

唯識とは何か―『法相二巻抄』を読むのその他の作品

横山紘一の作品

ツイートする