はじめての宗教学: 『風の谷のナウシカ』を読み解く〔新装増補版〕

著者 :
  • 春秋社
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393203057

作品紹介・あらすじ

3月11日の東日本大震災後、世界中が称賛した被災者の態度。加筆した「付録2 日本人にとっての自然-恩恵と脅威」では、こうした態度のルーツを日本人の自然観や神観念の中に探る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 宗教学の入門書というより、宗教学の理論などを用いて、ナウシカをいかに分析するかという理論適用の例というのが第一印象だろうか。丁度この本を読んでいる今、何らかの宗教理論を使って映画を分析しなければならないという事態に追い込まれているため、色々と参考になる点は多かった。ただ、宗教学の理論研究でもなく、ナウシカに興味もない人がこの本をどうやって楽しむのかというと、ちょっと「はじめて」にしては間口が狭いような気がしないでもない。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

宗教学者 (専門はチベット・日本密教)、慶應義塾大学・立正大学非常勤講師。
Eテレ 『NHKこころの時代』2018 年度上半期「マンダラと生きる」に出演中。
『世界の宗教がまるごとわかる本』エイ 出版社( 2015.10 刊)など、著書多数。

「2018年 『しししのはなし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

はじめての宗教学: 『風の谷のナウシカ』を読み解く〔新装増補版〕のその他の作品

正木晃の作品

ツイートする