日本王権論

  • 春秋社
3.54
  • (1)
  • (5)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 45
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393291498

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  <メモ>
     ・超越王権ができあがる時、ほとんどの場合外来思想に自己の正統性の根拠を依拠するというのは、日本に限らず普遍的に見られます。古代王権が依拠したイデオロギーも仏教という外来思想でした。
     
     ・帝国の論理というのは周縁を否定して内部を中心のもとに均質化しその中心だけが外部との通路になるという中心=周縁の逆説にあります。その中心にいて内部と外部を媒介する力能をもっているのが王権です。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1928-2004年。東京大学文学部国史学科卒業。名古屋大学助教授,神奈川大学短期大学部教授,神奈川大学特任教授を歴任。専門は日本中世史。主な著書に『蒙古襲来』,『中世東寺と東寺領荘園』,『日本中世の民衆像』,『日本中世の非農業民と天皇』,『日本の歴史をよみなおす』,『「日本」とは何か』,『網野善彦著作集』全18巻+別巻がある。

「2019年 『中世の罪と罰』 で使われていた紹介文から引用しています。」

網野善彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リチャード・ドー...
マルクスアウレー...
リチャード・ドー...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×