生と覚醒のコメンタリー―クリシュナムルティの手帖より〈2〉

制作 : Jiddu Krishnamurti  大野 純一 
  • 春秋社 (2005年3月発売)
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 15人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (393ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393316429

生と覚醒のコメンタリー―クリシュナムルティの手帖より〈2〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『生と覚醒(めざめ)のコメンタリー』はクリシュナムルティがノートに記したもので、登場する人物はいずれもクリシュナムルティのもとを訪れて相談した人々だと思われる。仮に創作部分が盛り込まれたとしても、それはドラマチックな演出を狙ったものではなく、普遍性に配慮したものであろうと個人的に考えている。また、胡散臭いタイトルとなっているが、内容は「生死(しょうじ)論」であり「生命論」である。

     <a href="http://d.hatena.ne.jp/sessendo/20091224/p2" target="_blank">http://d.hatena.ne.jp/sessendo/20091224/p2</a>

全1件中 1 - 1件を表示

J.クリシュナムルティの作品

生と覚醒のコメンタリー―クリシュナムルティの手帖より〈2〉はこんな本です

生と覚醒のコメンタリー―クリシュナムルティの手帖より〈2〉を本棚に登録しているひと

ツイートする