奇想、宇宙をゆく―最先端物理学12の物語

制作 : Marcus Chown  長尾 力 
  • 春秋社 (2004年3月1日発売)
3.15
  • (1)
  • (2)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
  • 41人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (329ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393322161

作品紹介

本書はサイエンス・ライターである著者が、物理学の根幹をなす量子論や相対論をさらに深め、また宇宙の多くの謎に果敢にチャレンジしている研究者の研究室を訪問し、最新の研究成果を紹介している本である。

奇想、宇宙をゆく―最先端物理学12の物語の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 目次を見て借りてみたが、研究者のインタビューをまとめた伝聞形式のダラダラとした書き方で途中で挫折。日本語訳が良くなかったのかもしれない。

    テーマはとても面白そうなだけに残念。

  • 奇想。

    なんかとんでもなくとんでもない事になっているんだと知った。
    世界ってまだまだおもしろい

  • (T)

  •  以前はトンデモと思われていた理論が現在では最先端テクノロジーになっているケースもあります。そのテクノロジーを12個紹介しています。一つ一つは非常に浅いので、興味があれば他の本を見るための一つの道しるべになります。

全4件中 1 - 4件を表示

奇想、宇宙をゆく―最先端物理学12の物語のその他の作品

The Universe Next Door: The Making of Tomorrow's Science ハードカバー The Universe Next Door: The Making of Tomorrow's Science マーカス・チャウン

マーカス・チャウンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サイモン・シン
マルクスアウレー...
グレッグ・イーガ...
スティーヴン・D...
有効な右矢印 無効な右矢印

奇想、宇宙をゆく―最先端物理学12の物語はこんな本です

ツイートする