禅と福音: 仏教とキリスト教の対話

  • 春秋社
3.40
  • (1)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 40
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393323649

作品紹介・あらすじ

異色の禅僧と気鋭の神父が仏教とキリスト教の核心をめぐって真剣勝負。無我、無常、輪廻、涅槃、慈悲、三位一体、原罪、復活、神の国といったたがいの教義の基本から、宗教者の社会実践、倫理の基盤、戦争・死刑・グローバリズムなど具体的な社会問題に至るまで、遠慮なく主張と疑問をぶつけあい、いま宗教は何を語ることができるかを問う白熱の対話。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 南さんのひね具合と
    来住さんの深い問いかけが
    刃から火花が飛ぶような読み応えのある対話。
    ただそこに魂の救いがるかというと疑問。

  • 仏教とキリスト教を比較する対談などは数多いが、対談者のどちらかまたは両方が、キリスト教にびっくりするほど無知なことが多く、キリスト教の核心から大きくずれたくだらない質問でページが埋まっていくような本も少なくない。本書は「仏教側」の南禅師も聖書やキリスト教についての造詣も深いので、以上のようなフラストレーションもなく楽しく読めた。最終章は特に両宗教がそれぞれ死刑や戦争などの社会問題とどのように対峙しているかを知る良い機会をいただけたと思う。

  • p252 仏教は主体の問題に対してよく効くが客体、社会の問題には構造的に耐えない。殺すのはヒトラーの行為であって人ではない。

    南老師は言葉を追いすぎてミイラとりがミイラになってしまった印象。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

禅僧。福井県霊泉寺住職、青森県恐山菩提寺院代(住職代理)。早稲田大学第一文学部卒業後、大手百貨店勤務を経て1984年に曹洞宗で出家得度。約20年の修行生活ののち、2005年より現職。著書『語る禅僧』(ちくま文庫)、『自分をみつめる禅問答』(角川ソフィア文庫)、『「正法眼蔵」を読む』(講談社選書メチエ)、『なぜこんなに生きにくいのか』(新潮文庫)『恐山 死者のいる場所』(新潮新書)『善の根拠』(講談社現代新書)、『禅と福音』(春秋社)、『「悟り」は開けない』(ベスト新書)他多数。

「2017年 『死と生 恐山至高対談』 で使われていた紹介文から引用しています。」

南直哉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
ジャレド・ダイア...
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする