シュタイナー 死について

制作 : 高橋 巖 
  • 春秋社 (2012年2月16日発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393325445

シュタイナー 死についての感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 図書館で借りました。言葉に慣れるまでは難解だけど、徐々に慣れてしみ込んでくる。私が学んでる事と、言っていることは同じ。

    すごい深い深い世界で、じっくり長年かけて読んだ方がいい。
    読む時期によって、きっと得られる事が違うんだと思う。

    必要な時期に、必要な事が、学べるのが神智学。
    現在の日本人が過去に置き去り、見て見ぬふりをしている。
    私は教育にも、生活にも、この神智学は実に大切なことだと思う。

    死者、彼岸、エーテル体、アストラル体…大切なことを、みんな忘れようとしている。

    私はこういうことこそ、大切なことだと信じてる。

全1件中 1 - 1件を表示

ルドルフ・シュタイナーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

シュタイナー 死についてはこんな本です

ツイートする