ほんとうの考え・うその考え―賢治・ヴェイユ・ヨブをめぐって

著者 :
  • 春秋社
3.63
  • (2)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393331675

作品紹介・あらすじ

どんな思想や宗教の立場からでも理解できる普遍の場所。思想家・吉本隆明が追いつめる生涯のテーマ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 親鸞,ヴェイユ,そしてヨブ.ほぼ日の吉本隆明講演集でそれぞれのテーマについて聴いているだけではみえなかった,これら3つをつなぐ統一宗教という線の存在が,本書を読むことではじめて見えました.

  • 読み助2013年10月5日(土)を参照のこと。http://yomisuke.tea-nifty.com/yomisuke/2013/10/post-4954.html

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1924年、東京・月島生まれ。詩人、文芸批評家、思想家。東京工業大学工学部電気化学科卒業後、工場に勤務しながら詩作や評論活動をつづける。日本の戦後思想に大きな影響を与え「戦後思想界の巨人」と呼ばれる。2012年3月16日逝去。

吉本隆明の作品

ツイートする