日本数寄

著者 : 松岡正剛
  • 春秋社 (2000年6月16日発売)
3.42
  • (2)
  • (2)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :31
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (375ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393331859

作品紹介・あらすじ

いま、日本は漠然としすぎている。疲れているわけではない。一部には熱意もある。ところが、何かが発揮されないまま、すっかり沈殿したままになっている。歴史と現在が大胆に交錯しないからである。梅か桜か、仏か神か。無常迅速、日本のダンディズム。

日本数寄の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 数寄
    何かで何かを漉く

  • 日本の文化史における「数奇」と称される趣向・好みを松岡の視点、感性により編集。
    もともと「数寄」とは色好みを指すことばだったが、既にそこには「好く」だけでなく「透く」「梳く」「漉く」「鋤く」がはいっており、好いて透いていくスクリーニングの行為が包含されている、と編集工学者らしい解釈をしている。

全3件中 1 - 3件を表示

松岡正剛の作品

日本数寄はこんな本です

ツイートする