日本数寄

著者 :
  • 春秋社
3.42
  • (2)
  • (2)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (375ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393331859

作品紹介・あらすじ

いま、日本は漠然としすぎている。疲れているわけではない。一部には熱意もある。ところが、何かが発揮されないまま、すっかり沈殿したままになっている。歴史と現在が大胆に交錯しないからである。梅か桜か、仏か神か。無常迅速、日本のダンディズム。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 数寄
    何かで何かを漉く

  • 日本の文化史における「数奇」と称される趣向・好みを松岡の視点、感性により編集。
    もともと「数寄」とは色好みを指すことばだったが、既にそこには「好く」だけでなく「透く」「梳く」「漉く」「鋤く」がはいっており、好いて透いていくスクリーニングの行為が包含されている、と編集工学者らしい解釈をしている。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

編集工学者、編集工学研究所所長、イシス編集学校校長。80年代に情報文化と情報技術をつなぐ方法論を体系化し「編集工学」を確立し様々なプロジェクトに応用。2000年「千夜千冊」の連載を開始。同年、eラーニングの先駆けともなる「イシス編集学校」を創立。近年はBOOKWAREという考えのもと膨大な知識情報を相互編集する知の実験的空間を手掛ける。また日本文化研究の第一人者として「日本という方法」を提唱し独自の日本論を展開。著書に『知の編集工学』『擬』『世界と日本の見方』『国家と「私」の行方』ほか。

「2018年 『千夜千冊エディション 情報生命』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松岡正剛の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
稲垣 足穂
村上 春樹
松岡 正剛
中沢 新一
松岡正剛
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする