漂流するメディア政治―情報利権と新世紀の世界秩序 (神保・宮台激トーク・オン・デマンド)

  • 春秋社 (2002年10月発売)
3.43
  • (1)
  • (4)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • 42人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393332207

作品紹介

政治とは何か?戦争とは何か?メディアは何を伝えるべきなのか?田中康夫・田中真紀子現象の本質からグローバリズムの正体まで、激変する21世紀を生き抜くためのリテラシー。

漂流するメディア政治―情報利権と新世紀の世界秩序 (神保・宮台激トーク・オン・デマンド)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • マル激のプレゼントでゲット お二人のサイン入り

  • インターネットの世界は誰でも入ってこれる。
    USや欧州を見れば、政策シンクタンクがあり、非常に有力な活動をしているNPOがあり、その背後には政策科学を徹底的に訓練する大学や大学院があって、分厚い人材を生み出している。
    日本人が英語ができないのは内務省の陰謀だった。
    グローバリゼーションとかアメリカないぜーションというとのは、アメリカの外交政策にすぎない。
    小泉さんが親米なのは、旧福田派だから。当時、田中派閥は中国と仲良かった。だからそれに対する反発がある。
    田中真紀子をもってしても、外務省の人事課長一人抑えられないのは官僚の強さを見せつけた。

  •  メディア政治です。神保哲生です。

     最近、読みました。

     この本は、宮台真司と神保哲生がやっているヴィデオニュースの
    政治問題を集めた本。

     まぁ〜、いろんな主張があるし、
    いろんな気になる点がありましたが、個人的に気になった点は、

    「今の政治システムはフェアじゃない」
    「物語は、そんな単純じゃない」

    っていう感じかな。

     政治・戦争・メディアを知るリテラシー本としては、
    おもしろい本です。


     小泉政権を支持していたのに、 
    今ごろになって、
    麻生政権批判をしているような人にはオススメかな〜。

  • ¥105

全4件中 1 - 4件を表示

宮台真司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

漂流するメディア政治―情報利権と新世紀の世界秩序 (神保・宮台激トーク・オン・デマンド)はこんな本です

ツイートする