教育には何ができないか―教育神話の解体と再生の試み

著者 : 広田照幸
  • 春秋社 (2003年1月発売)
3.37
  • (3)
  • (7)
  • (15)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :91
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393332214

教育には何ができないか―教育神話の解体と再生の試みの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2015.6.30教育万能論という、何にしても教育に責任を問い、何にしても教育による改善が大事だという様々な言説に対し、果たしてそうなのか、現実はその言説つまり思い込みと違うということを明らかにした上で、教育にはできないこと、そして教育にできることを論じた本。教育と社会との関係を考える際、社会は何か一枚岩の単色の共同体というわけではなく、様々な家庭の集合体であり、故に教育に対する要求も、かたや好きにさせろ、かたやもっと管理しろと矛盾することになる。また歴史的な流れで現代を見ると少年の非行などは全体的には改善されている。にも関わらずこんなに非行がやばいと言われるのはメディアの影響だろう。多くの教育への要求は現実が下がることでなく理想が上がることによるギャップから生まれている。我々は何にしても、わからないということを恐れるあまり、早急に答えを出し、頭の中で言説を作りがちである。そんな言説を、現実をありのままに見ることで壊していくのが社会学のひとつのものの見方であり、その目線で教育を論ずることの大事さを学べた。私の教育観にも影響を与えてくれたが、同時に社会学的なものの見方、自分にも世の中にも騙されない視点を学べた気がする。教育に対する要求が強くなる現代において教育の思い込みと教育の限界と教育の可能性を論じた一冊。

  • 世の中のいろいろなことの対処法として、教育が語られるけれど、教育ができることとできないことの区別、できることのなかでしてよいこととしてはいけないことの区別をつけてみようという内容でした。
    「教育の確率論的な限界」、「<教える‐学ぶ>関係の偶然性」など、ほおほお、と思いながら読みました。道徳教育との絡みで、道徳は教えられるか、というテーマと近い議論でした。
    ルーマンという人が、そのあたりを詳しく論じているらしいので、次はルーマンの本を読んでみよう。
    家庭教育のお話が、子育てでいっぱいいっぱいの相方さんの気持ちをらくにするかな~、と思ったので「ここ読んでみて」といって渡したのですが、「わかってないな~、私が困ってるのはそんなことじゃないの」と言って突き返されました。かえって逆効果だったみたいです。
    (つちなが)

  • 教育という抽象的な問題について、論理的に分析している本。
    教育超初学者でもよく理解できる本。
    概念を構造として捉える表現が多く、概念間の対立を指摘するものが多かった。
    さまざまな捉え方があるものだと非常に感心してしまった。
    技術的なことはほとんど書いておらず、メタ分析的。

  • 分類=教育論・広田照幸。03年1月。

全5件中 1 - 5件を表示

広田照幸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エーリッヒ・フロ...
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

教育には何ができないか―教育神話の解体と再生の試みはこんな本です

教育には何ができないか―教育神話の解体と再生の試みを本棚に登録しているひと

ツイートする