ネット社会の未来像 (神保・宮台激トーク・オン・デマンド (3))

  • 春秋社
3.46
  • (8)
  • (16)
  • (36)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 147
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393332443

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • テレビ、ラジオ、スマホ、新聞等々、様々なメディアの存在価値はおのおのあり、時代と共に重宝される頻度も変化する。これから、ネットがどう位置付けられ、他のメディアとバランスを取っていくかを中心に議論されている。

  • 宮台真司氏の本2冊目くらいかな。ジャーナリストの神保さんがいるおかげで、話が抽象すぎないところで留まってるかなっていう気もするけど、相変わらず読むには頭の体力が必要。どんどん深みにはまって理解するための作業が、読む作業と同じ位かかる。水越さんのメディアビオトープの話が非常に面白い。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1959年、仙台生まれ。東京大学大学院博士課程修了。博士(社会学)。首都大学東京教授。専門は社会システム論。著書に『民主主義が一度もなかった国・日本』『日本の難点』『14歳からの社会学』『私たちはどこからきて、どこへ行くのか』など。

「2019年 『民主主義は不可能なのか?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮台真司の作品

ネット社会の未来像 (神保・宮台激トーク・オン・デマンド (3))を本棚に登録しているひと

ツイートする