棄国子女: 転がる石という生き方

著者 : 片岡恭子
  • 春秋社 (2013年11月21日発売)
3.33
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :36
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393333310

棄国子女: 転がる石という生き方の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 死生観から旅を己を知る。
    人は旅に出る。出た方がいい。
    その体験を本書より感じることができ、また、しなくていい旅を見せつけられる。
    生きることがなんのためか意味があるのか。
    人生の旅において、己からは逃れられないことを改めて気づかされる。
    それでいて逃げることの肯定で締めくくる。
    辛くもやさしい旅のしるべ。

  • 座布団一枚

    春秋社のPR
    「精神のバランスを崩し荒治療のつもりで中南米一人旅に出たが、行く先々でとんでもない事件に遭い…。生のかけがえなさに出会う軌跡。 」
    旅の達人ブログ 秘境散歩
    http://ameblo.jp/kiokitok/

全2件中 1 - 2件を表示

棄国子女: 転がる石という生き方はこんな本です

ツイートする