気づきのセラピー―はじめてのゲシュタルト療法

著者 : 百武正嗣
  • 春秋社 (2009年7月1日発売)
3.82
  • (6)
  • (8)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
  • 81人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393360521

気づきのセラピー―はじめてのゲシュタルト療法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本屋でパラパラッとめくり、書き出しや序盤の文章に惹かれて買って読みました。

    この本は漫画家の田房永子さんが紹介されていた本じゃなかったかな?と思います。
    今時の言葉で言うと、「毒親」との決別を果たすきっかけになった本。

    内容は、副題の「はじめてのゲシュタルト療法」とあるように、ゲシュタルト療法とはどのようなものか、というのを誕生のエピソードから分かりやすく書かれていて、日常にゲシュタルト療法をどのように生かせばいいのか、という事が書かれています。

    最初の方に書かれている事は、今の自分の体に注意を向ける、そして、体の声を聞くなど、セルフでしようと思えばできる内容でしたが、話が進むにつれて、これは専門家と一緒にしないと難しいだろうな・・・というものになっていきました。
    そして、その療法を受けた人たちの話が紹介されています。

    さまざまなワークが紹介されていて、その中には既にした事もあったり、してみたいと思うものもありました。
    それらに共通して言えるのは症例にも紹介されているように、誰か信頼を置ける専門家の手を借りないと難しい・・・という印象です。
    それで評価をひとつ下げて星5としました。

全2件中 1 - 2件を表示

百武正嗣の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロンダ・バーン
小池 龍之介
ロバート キヨサ...
J・モーティマー...
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

気づきのセラピー―はじめてのゲシュタルト療法はこんな本です

気づきのセラピー―はじめてのゲシュタルト療法を本棚に登録しているひと

ツイートする