生と死を考える (生と死を考えるセミナー)

制作 : 曽野 綾子  アルフォンス デーケン  Alfons Deeken 
  • 春秋社
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :14
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393364598

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 生きることと死ぬことは表裏一体。

    死に望む人とその近くの人の関わりについて、土居健郎氏、アルフォンス・デーケン氏や様々な人が様々な立場で考察をしています。

    ただ、「自分」が死ぬということに関する哲学的な考察はあまりないです。

    ただ、「死」というものを穏やかに受け入れることが出来そうです。

  • 「親しい者との死別ーその意味と影響 土居健郎」 より

    悲しめないときは、悔やみ(こうすればよかった)、もっと悪い場合には恨みがあるそうです。
    私もまさにそう。まともに悲しんで葬式に出てたら自分が殺されるところでしたから。

    そして、悔やみの気持ちを誰も同情してあげられない。悲しみをわかってあげられない。
    それで、まぅます悔やみ、恨みが強くなるそうです。

    残念ですね。


全2件中 1 - 2件を表示

生と死を考える (生と死を考えるセミナー)はこんな本です

ツイートする