からだは嘘をつかない―うつ・不安・失感情、“からだ”からのアプローチ

制作 : Alexander Lowen  国永 史子 
  • 春秋社
3.69
  • (2)
  • (6)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393364987

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本を読んで、まさに自分の事だと思った。

    仕事で無理をし、身体を壊した。
    なぜ、無理をしたのか。
    それは、有能だと見せたいため、敗北感を味わいたくないため。
    すべては失敗への恐れだった。

    本当の気持ちを抑圧した結果、自我が崩壊し、心身症になった。

    自分の感情に蓋をして、プラス思考に塗り替えるのは意味がない。

    ますは、自分の感情を表出し、しっかり向き合う事が大事である。

    この本を読んで、その事に気づかされた一冊であった。

  • 人は面倒なことがあると、心の問題という風にして曖昧にしたがるが、見直すべきなのは、呼吸と姿勢なのだというこの真実。カウンセリングでは無視されがちなグラウンディングと「足」の重要性。納得しすぎて首が痛くなるほどだった。

    からだとこころをつなげて考えていくことは、漢方やヨガの普及で市民権を得始めているので、この本に書かれているようなことも、これからもっともっと一般的に言われ始めるのでは?と思う。

全5件中 1 - 5件を表示

アレクサンダー・ローエンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エーリッヒ・フロ...
ヴィクトール・E...
アレクサンダー ...
ロンダ・バーン
ブルース・リプト...
有効な右矢印 無効な右矢印

からだは嘘をつかない―うつ・不安・失感情、“からだ”からのアプローチを本棚に登録しているひと

ツイートする