NLP子育てコーチング―親の信頼がこどもを伸ばす

制作 : Richard Bolstad  ユール 洋子 
  • 春秋社 (2009年8月1日発売)
4.20
  • (6)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 47人登録
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393365083

作品紹介

北欧につぐ子育て先進国ニュージーランドのNLPベテランコーチが0歳〜15歳までのこどもの親に教えている9つのファミリースキル。

NLP子育てコーチング―親の信頼がこどもを伸ばすの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 翻訳されているからか、分かりにくい箇所もありましたが、子供のみならず、対人関係の悩みや衝突に役立ちそうな内容でした。
    様々な育児本が出回っていますが、本書はまず愛と信頼を基本に置いており、全体を通じて「優しさ」を感じました。
    偽善的な匂いもなく、きれいごとでまとめられることもなく、論理的に書かれているため、著者の「主張」を受け入れやすかったです。

  • 訳が少し難しいと感じ何度か読み返さないと頭に入ってこない箇所もあったが、具体的な例と対応の仕方、考え方が書いてあり勉強になった。アサーティブにアイメッセージ(わたしメッセージ)を言う訓練。『この問題は誰のもの?』『そう思うのは誰?』親子の境界線の訓練が書いてあります。ラポール、アクティブリスニングは大変参考になります。

  • ラポール、私メッセージ、ウィンウィン、リフレクト、アメもムチもいらない

  • 20120302

  • 子育てへのNLPの活用。例も示されており、分かりやすい。
    それぞれの地図の違いを認め、尊重し、ひとつのシステムでつながっているとするコアビリーフに始まり、ラポールを築くためのミラーリングやペーシング、望ましい心の状態へのアンカー、五感を中心とする7種類の知能スキル、誰が変わるのかのハピネス・オーナー・モデル、傾聴のためのリフレクティブ・リスニング、物の見方を変えるリフレーミング、自分の気持ちをつたえるわたしメッセージ、ニーズの対立へのウィン・ウィン対立解消法、価値観の対立への価値観コンサルティングといったスキルが紹介されている。
    子育てに限らず円滑なコミュニケーションに有用なスキルだと思うが、単に知識として知っているだけでは簡単には使いこなせないだろう。
    11-79

  • ニュージーランドのNLPベテランコーチが子どもの親に教える9つのファミリースキル
    甘やかさない、叱りつけない、おたらしい親子の形ですが、
    生徒と教師がコミュニケーションをするさいにも有効だとおもいます。
    信頼を伝える、自信を育てる、才能を育てる、幸せな態度を育む、本音を聴く、失敗に寄り添う、親の気持ちを伝える、親子のバトルを解決する、
    など

全6件中 1 - 6件を表示

リチャード・ボルスタッドの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トニー・ブザン
三浦 しをん
鈴木 義幸
佐々木 圭一
ロンダ・バーン
ティモシー・フェ...
マイケル・J・ロ...
有効な右矢印 無効な右矢印

NLP子育てコーチング―親の信頼がこどもを伸ばすはこんな本です

ツイートする