病院で死ぬのはもったいない: 〈いのち〉を受けとめる新しい町へ

制作 : 米沢 慧 
  • 春秋社
3.75
  • (0)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393365212

作品紹介・あらすじ

病・老い・障害・子育てによる孤立を防ぎ、ホスピスケアを地域の困っている人へ広げてゆくコミュニティの未来を伝える希望の書。『病院で死ぬということ』から20年。ホスピスの先駆者による「在宅ホスピス宣言」。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ホスピス、在宅ホスピス、地域の中のネットワークということについて大変考えさせられた。

    乱暴にまとめて言ってしまえば最期の時を「患者」として、それとも「○○さんという人」として迎えるかということだと。

    自宅の場合、患者(ケアされる人)の側から考えると、その尊厳は病院などより尊重されるのだろうけれど、
    家族としては、最後の最後の瞬間にお医者さんの立ち合いがあまり期待できず、それでそれを自分が引き受ける覚悟があるのか、、、と突きつけられるわけで、そこが一番大きな不安要素だろう。
    そこを在宅ホスピスは引き受けてくれるというわけだけど、現実そういうお医者さんを見つけることができるのだろうか?現状としては難しいだろうな。

    だけど私はうっすら分かったことがある。というかうっすら覚悟ができた。在宅で看取ってみてもいいな。その瞬間が私だけだとしても、本人だけだとしても、結局病院とそう変わりはないんだ。

    結局人は死ぬ時は死ぬんだなと。←在宅ホスピスのチームはきっと看取る人にそういう覚悟をさせてくれるんだと思うが、もしもそういう先生やチームに出会えなかったとしても死ぬ時は死ぬ。だったらジタバタするな!と自分に活を入れられた。

  • なかなか面白かった。
    しかし、話が長い。
    外科医から在宅医になった二人の医師とジャーナリストとの対談。
    空き家活用とも似ている話か、ケアタウン小平という活動。
    地域のボランティアの話。
    患者会や遺族会の話。
    国の指す方向性を抜きにしても、在宅は魅力がある。

  •  雲の上のお話でした。でもそれでも現実の話だということに元気をもらいました。

  • 私も色々な人に支えられもう少し人生を楽しみたい。

全4件中 1 - 4件を表示

山崎章郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする