フランクルとの〈対話〉: 苦境を生きる哲学

著者 :
  • 春秋社
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393365236

作品紹介・あらすじ

『夜と霧』との出会いから50年。半生をかけた書物との対話から見えてきたフランクル思想の深さと優しさ。フランクル理解の第一人者が「対話形式」でつづる新しい入門書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 絶望、生き甲斐のない人生、
    家族もなく可愛がる対象もなく、
    孤独に押しつぶされそうな時間、
    病気、愛するものとの死別、

    そういった状態のなか、どうしたら人は生き続けることができるのか、ずっと考え続けている。
    その答えはフランクルの「夜と霧」に書いてあった。

    でも強靭な精神がなければ自殺を選ぶんじゃないか・・

    質問形式で書かれたものだから私にも分かり易かったけれど、唯一心に残ったのは、そのまんまフランクルの「人間とは何か」という本の一文だった。
    ”人生それ自身が人間に問いを立てている、人生にこたえねばならず、人生に責任を持たねばならない”

    心底絶望の中に陥ったときに這い上がることは、必ずだれにでも出来うることなんだろうか。やはりそこには、耐える精神力と、そこから始まっていくかもしれない何かとの関係性に力を貰い、生き続けていくことができるひともいるんだろう。そこにはやはり、宗教が力を持つと思う。

    私はどうだろうか。でも人生に試されたくはない。

  • 1.山田邦男『フランクルとの〈対話〉 苦境を生きる哲学』春秋社、読了。NHK・Eテレ「こころの時代」の放送を元に、名著『夜と霧』で有名なヴィクトール・E・フランクルを読み直す最新の入門書。震災以降注目を浴びるフランクルは「今、何を語りえるのか」。ニヒリズムと生きる意味を問い直す。

    2.山田邦男『フランクルとの〈対話〉』春秋社。フランクルの思想をナチ告発の一書と認識すればそれは矮小化となってしまう。フランクルは生涯を通して自らの実存的苦悩と対決しつつ、時代そのものの苦悩とも対峙し続けた。その意味で、フランクルの哲学とは「苦境を生きる哲学」であると著者はいう。

    3.山田邦男『フランクルとの〈対話〉』春秋社。人生の無常さは人間を無意味化するのが必然であるからこそ「人生の意味」を問うべく運命づけられているのが人間である。しかし大切なのは「人生の意味を問うべきなのではなく、われわれ自身が問われているものである」ことを自覚することだろう。

    4.山田邦男『フランクルとの〈対話〉』春秋社。フランクルの思想は分かり易い。しかし幾重もの入れ子構造が読者の理解を阻むのも事実である。本書は半世紀をかけてフランクルを読み続けた著者自身の「旅の記録」である。生きる希望と勇気をどこから立ち上げるのか。著者の軌跡はヒントに満ちている。

    5.山田邦男『フランクルとの〈対話〉』春秋社。真理の場所としての〈今・ここ〉 「自分が今・ここで何をなすかということが非常に根本的なことになってくるということですね。それが結局、フランクルが〈コペルニクス的転回〉ということで本当に言おうとしたことではないかと」。了。

全2件中 1 - 2件を表示

山田邦男の作品

ツイートする