コドモダマシ―ほろ苦教育劇場

制作 : Paolo Mazzarino 
  • 春秋社
3.33
  • (3)
  • (15)
  • (22)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 127
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393373255

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 父と子のコントのような会話を通じて「危機管理」、「思いやりの心」、「サバイバル」、「英会話」等々各種テーマにおける著者の見解が記された本。各章の終りにそのテーマに関連する推薦本も掲載されているので、ちょっとしたブックガイドにもなっている。なお、このスタイルは著者ののちに刊行された「ザ・世の中力」に引き継がれている。本書も相変わらずのパオロ節が冴えている。表紙の絵が藤波俊彦なのもGOOD。ぜったいこの人日本人だよな~。

  • 子供だましは大人のごまかし。

  • 子供が父に質問をしそれに回答するという父と子のコント形式で構成される。関連図書も掲載されており,読み物として面白かった。ただ,得られるものは少なかった。

  • すらすら読めて
    面白い雑学がたくさんあります。
    ただの雑学だけじゃなくって、その根拠もしっかり書かれてあります。
    テーマごとに参考にする本も紹介されています。

  • パオロ・マッツァリーノ先生のためになる・・・かも知れない処世術書。どうでもいいウンチクを散りばめながら、親子が世の中の矛盾をひとつひとつ考えていくというのが本書のスタイル。内容はおもしろかったが、編集がどうもチグハグなのでもう少しスッキリとまとめてほしかった。柳田國男によると「いらっしゃい」は未来を祝福し、希望を述べる挨拶だとか。深い・・・のかな?

  • 『父と子の対話をベースにしたストーリー仕立ての構成で教育にできちゃった婚、格差問題に失業、アスパラでおしっこが臭くなる遺伝などなどの社会問題(?)を縦横無尽にぶった切る労作。
    読みやすく思わずニヤリとしてしまうウィットに富んだ文体。
    発言、行動すべて「滅茶苦茶」なおじいちゃん、「質問大好き」で攻めまくるお子様、それをいなして「大人の回答」で対抗するお父さんというキャラひとりひとりの魅力。
    そして著者の「プロフィール欄」の意味不明さ。
    何をとっても一級品です。いやー、このパオロとかいう人天才。
    この本の一家のお父さんみたいなオヤジになれたらいいかも。
    この人、どんだけ博識なんだよっていうのは置いといて(笑
    この本を貫いているものは、人間への愛情だと思う。
    社会問題を扱ったものにたまに見られる、高い所からの物言い、一方的な断罪といった態度と無縁なのも好感が持てる。

    「難解な法文は専制の表徴である。 平易な法文は民権の保障である」(穂積陳重)

    という格言があるけど、これは何も法律の条文だけじゃなくて公開を前提とした文章なら雑誌や本、新聞、はたまたブログやケータイ小説でも(文学作品はちょっと違う面もあるけど)当てはまるはず。
    特に、難解なことばで読者をまどわせることしか能がない、とまでは言わないけどそれに近い学者の方がもちろんごく一部ではあるものの、しかし厳然と存在しているような気がしてしまうわけでありますが、そのようなごくごく一部の方々にはこーいう本を読んでちょっとでも改善する努力をすることを前向きに検討していただけたらと、若輩者で未熟者で理解力に乏しい勉強不足の私としては不遜ながらつい夢想してしまうことがあるのです。 』

  • 分量すくねー!!「将来の夢はコメンテーターです」と「もろきゅう」ってギャグが好き。

  • この著者の本は何冊か読んだけど、1番面白くなかったかも。何より文字数も少ないし、新書とか文庫で充分じゃないの?

  • 書き下ろし部分のほうが面白い。
    「こどもだまし」的な話もあるし、分量としても物足りなさがあるが、
    これも『読まない力』同様に、色々な問題を考えるとっかかりとしてはアリかも。
    http://takoashiattack.blog8.fc2.com/blog-entry-1270.html

  • ・10/30 読了.この人一流の、笑えるが確かにもっともだと納得のいく解釈だ.正論だけでは駄目なんだとあらためて気が付いた.いろんな考えを許容できる懐のでかい人間になりたいものだ.いやー面白かった.

全18件中 1 - 10件を表示

プロフィール

Paolo Mazzarino(パオロ・マッツァリーノ)

イタリア生まれの戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが、大学自体の存在が未確認。父は九州男児で国際スパイ(もしくは某ハンバーガーチェーンの店舗清掃員)、母はナポリの花売り娘、弟はフィレンツェ在住の家具職人のはずだが、本人はイタリア語で話しかけられるとなぜか聞こえないふりをするらしい。ジャズと立ち食いそばが好き。著書に『反社会学講講座(正・続)』『偽善のすすめ』『誰も調べなかった日本文化史』『「昔はよかった」病』『日本人のための怒りかた講座』『ザ・世のなか力』『コドモダマシ』『みんなの道徳解体新書』など。

コドモダマシ―ほろ苦教育劇場のその他の作品

コドモダマシ ほろ苦教育劇場 (角川文庫) Kindle版 コドモダマシ ほろ苦教育劇場 (角川文庫) パオロ・マッツァリーノ
コドモダマシ ほろ苦教育劇場 (角川文庫) 文庫 コドモダマシ ほろ苦教育劇場 (角川文庫) パオロ・マッツァリーノ

パオロ・マッツァリーノの作品

ツイートする