文化人類学の冒険: 人間・社会・音楽

著者 :
  • 春秋社
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393424582

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784393424582

  • 人間とは 本来食べるたいものである
    人間とは 本来装おいたいものである
    人間とは 本来住みたいものである
    全く 同じように
    人間とは 本来歌いたいものである
    人間とは 本来踊りたいものである

    全く 同感です

    そして
    限られた命の灯をともしながら
    書かれておられる(仕事を続けておられる)
    筆者に 大きな感動と 惜しみない拍手
    を贈ります

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程修了。ベルファスト・クイーンズ大学大学院社会人類学科博士課程修了。Ph.D. 現在、広島市立大学名誉教授。著書:『アフリカの音の世界』(新書館)、『Kenichi Tsukada & Ryuichi Sakamoto Selections: Traditional music in Africa』(共著、エイベックス)、『アフリカ音楽学の挑戦』(世界思想社)、他。

「2016年 『アフリカ音楽の正体』 で使われていた紹介文から引用しています。」

塚田健一の作品

文化人類学の冒険: 人間・社会・音楽を本棚に登録しているひと

ツイートする