定本 平出修集 第四巻

著者 :
  • 春秋社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393430248

作品紹介・あらすじ

富国強兵の風潮の中で明治政府によってなかばでっち上げられた幸徳・大逆事件。この事件の弁護士として有名な平出修の新発見の作品をはじめとした文献資料を網羅し、詳細な年譜・作品年表や解題を付した待望の第四巻。

著者プロフィール

明治11(1878)年、新潟県に生まれる。幸徳事件(大逆事件)の弁護士として著名であるが、小説家、歌人、俳人、文学評論家としても活躍した。その影響は後世に及んで大なるものがある。大正3(1914)年逝去。享年37。

「2015年 『定本 平出修集 第四巻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

平出修の作品

最近本棚に登録した人

ツイートする
×