短歌を詠む科学者たち

著者 :
  • 春秋社
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393444184

作品紹介・あらすじ

優れた科学者には素晴らしい歌人が数多く存在する。最先端の研究に従事する科学者が、千数百年も長らえてきた小さな詩型に自らの思いを載せるとき、言葉は不思議な輝きを放つ。折々に歌を詠み続けた、湯川秀樹、斎藤茂吉、柳澤桂子ら7人の科学者の生涯をたどりながら、その歌ごころと研究の歩み、両面に迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新聞の書評に載っており、科学者と短歌という一見すぐには結びつかないテーマに興味を惹かれたので読んでみました。科学者の詠む短歌ってどんなものだろう、という野次馬根性から手にとってみた、とも言えます。
    物理、医学、生物学、情報工学と幅広い分野の研究やその実情まで、実によく取材して丁寧に著述しており、著者の誠実な姿勢がつたわってきます。そうした分野で先端を走る科学者達が短歌に対しても手を抜くことなく正面から向き合い、紡ぎ出した歌に触れることで、科学であれ芸術であれ、表現することにはきびしさもそこから得る喜びもあると感じました。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1960年福岡県生まれ。朝日新聞、毎日新聞で記者として20年余働いた後、2006年からフリーランスに。著書に『31文字のなかの科学』(NTT出版、科学ジャーナリスト賞)、『与謝野晶子』(中央公論新社、平塚らいてう賞)、『少年少女のための文学全集があったころ』(人文書院)など。歌集に『大女伝説』(短歌研究社、葛原妙子賞)、『耳ふたひら』(書肆侃侃房)など。

「2016年 『短歌を詠む科学者たち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松村由利子の作品

ツイートする