自由の条件I ハイエク全集 1-5 【新版】

著者 :
制作 : 矢島 鈞次  Friedrich August von Hayek  気賀 健三  古賀 勝次郎 
  • 春秋社
3.94
  • (6)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 109
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393621752

作品紹介・あらすじ

西洋における自由の思想の変遷を俯瞰し自由が文明の進歩にとっていかに重要かを論じたノーベル賞に輝く思想家の代表作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まだ第二次世界対戦が終結する以前に隷従への道を説き、自由社会が損なわれる全体主義の危険性を説いたハイエクによる一書。

    人間はその本質において誤りに陥りやすい存在である。人間社会は「斬進的な発展し改良・進歩」が期待されるものであり、もしデカルト的な理性を乱用し「革命的な進歩」を目指した場合、文明そのものを破壊する。

    道徳規則の形成も人間の社会における実践的な営みの経験の中で成長したものであり、人間の理性による意識的な発明ではない。秩序も「自制的秩序」であり自由社会を不可分の関係にある「法の支配」と市場経済(自由主義リバタリズム)の二大原則の確立にほかならない。計画経済、集産主義、社会主義、共産主義、ファシズムとは決定的に異なる。

    アダムスミスに由来する自由主義政治理論を原題において確立することを目指した。
    文明の発展には自由な創意工夫の活力が必要であり、これを支配服従に基づく制度では実現できない。
    優れた諸制度とは自由社会において自由に発展した諸制度であり、立法府の無制限な権力の利用を法の支配によって規定する。

    自由主義とは法の性質や役割を規定する教義
    民主主義とは立法されるかどうかを決める教義

  •  
    ── ハイエク/気賀 健三&古賀 勝次郎/西山 千明&矢島 鈞次・訳
    《自由の条件 I 1960 200708‥ 春秋社》ハイエク全集 1-5 【新版】
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4393621751
     
    (20160926)
     

  • 了。

  • 『ぼくらの頭脳の鍛え方』
    書斎の本棚から百冊(立花隆選)65
    政治学・法学
    新自由主義を考える上で必須。

全4件中 1 - 4件を表示

F.A.ハイエクの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トーマス・クーン
スティーヴン・D...
リチャード・ドー...
デール カーネギ...
エーリッヒ・フロ...
マックス ヴェー...
ジョン・ロールズ
有効な右矢印 無効な右矢印

自由の条件I ハイエク全集 1-5 【新版】に関連するまとめ

自由の条件I ハイエク全集 1-5 【新版】を本棚に登録しているひと

ツイートする