自由の条件I ハイエク全集 1-5 【新版】

著者 :
制作 : 矢島 鈞次  Friedrich August von Hayek  気賀 健三  古賀 勝次郎 
  • 春秋社
4.00
  • (7)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 113
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393621752

作品紹介・あらすじ

西洋における自由の思想の変遷を俯瞰し自由が文明の進歩にとっていかに重要かを論じたノーベル賞に輝く思想家の代表作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まだ第二次世界対戦が終結する以前に隷従への道を説き、自由社会が損なわれる全体主義の危険性を説いたハイエクによる一書。

    人間はその本質において誤りに陥りやすい存在である。人間社会は「斬進的な発展し改良・進歩」が期待されるものであり、もしデカルト的な理性を乱用し「革命的な進歩」を目指した場合、文明そのものを破壊する。

    道徳規則の形成も人間の社会における実践的な営みの経験の中で成長したものであり、人間の理性による意識的な発明ではない。秩序も「自制的秩序」であり自由社会を不可分の関係にある「法の支配」と市場経済(自由主義リバタリズム)の二大原則の確立にほかならない。計画経済、集産主義、社会主義、共産主義、ファシズムとは決定的に異なる。

    アダムスミスに由来する自由主義政治理論を原題において確立することを目指した。
    文明の発展には自由な創意工夫の活力が必要であり、これを支配服従に基づく制度では実現できない。
    優れた諸制度とは自由社会において自由に発展した諸制度であり、立法府の無制限な権力の利用を法の支配によって規定する。

    自由主義とは法の性質や役割を規定する教義
    民主主義とは立法されるかどうかを決める教義

  • 政治思想家としてのハイエクの代表作。

    原題は、"The Constitution of Liberty"で、直訳すれば、「自由の憲法」?

    ハンナ・アーレントが好きなわたしは、「自由の創設」と訳したいところ。

    3部構成からなる大著で、1部は「自由の価値」という理論部分、2部は「自由と法」ということで社会的思想史、3部は「福祉国家における自由」で政策提言という構成。

    全体主義批判の「隷属への道」は、単にナティズムやスターリニズムを批判するだけでなく、西欧諸国にもある社会主義的な傾向、知性主義の傲慢さへの痛烈な批判を含んでいて、説得力を感じるとともに、居心地の悪さを感じる本であった。

    この「自由の条件」は、全体主義的な傾向が退潮した1960年で出版されたもので、「隷属の道」での居心地の悪い感じの議論を論理的に展開したものといえる。

    ハイエクの本のなかでは、具体的な話が多く、比較的分かりやすい感じかな?

    「自由」ということについて、かなり徹底的に考えることができた。

    とくに、第2部の議論は、説得力がある。

    政治哲学の世界では、個人の自由と自分の行動が他の人の自由に与える影響との関係は、つねにホットなテーマだと思うが、「法の前の平等」「法治国家」というのが、自由を守るために最重要であるということが議論されている。

    そして、そういう「自由」、「法の前の平等」の概念が、だんだん曖昧に、恣意的になっていって、法学もその方向に理論的根拠を与えて行って、それが20世紀前半の全体主義になだれ込んでいくという思想史的な流れはかなり説得力がある。

    第3部は、そういう議論を踏まえたうえでの政策論。ハイエクは、ここでは、一応、「福祉国家」という当時の「現状」を受け止めた上で、現実的?な政策提言をおこなっていく。

    が、その内容は、相当にラジカル。。。。

    ハイエクの議論は、フリードマンなど、いわゆる新自由主義とはちょっと質感が違うものなのだが、政策提言レベルでは相当に「小さな政府」論だな。

    この議論をどこまで受け入れるかは議論が多そうだが、さまざまな社会的な問題に関心が高まるなかで、単純な平等主義的な発想がいかに人間の自由、社会の発展を制限するものでありうるかを考える視点になる。

    また、善意でやっていることが、より問題を悪化させてしまうというシステム論的な視点もある。

    ハイエクは、一見、古いリベラリズムにみえて、実は、複雑系、自己組織化、つながりの思想家でもある。

    新自由主義的な考えの人ではなくて、むしろ、ネットワーク的な生き方を志向する「自由人」にこそ読んでもらいたいな。

    ハイエクが求めているのは、「人間の個性が豊かな多様性において発展すること」で、かれの自由主義は、「生命」をベースとするものなのだから。

  •  
    ── ハイエク/気賀 健三&古賀 勝次郎/西山 千明&矢島 鈞次・訳
    《自由の条件 I 1960 200708‥ 春秋社》ハイエク全集 1-5 【新版】
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4393621751
     
    (20160926)
     

  • 了。

  • 『ぼくらの頭脳の鍛え方』
    書斎の本棚から百冊(立花隆選)65
    政治学・法学
    新自由主義を考える上で必須。

全5件中 1 - 5件を表示

F.A.ハイエクの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジョージ・A・ア...
ジョン・ロールズ
トーマス・クーン
リチャード・セイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

自由の条件I ハイエク全集 1-5 【新版】に関連するまとめ

自由の条件I ハイエク全集 1-5 【新版】を本棚に登録しているひと

ツイートする