ワイル博士のナチュラル・メディスン

制作 : Andrew Weil  上野 圭一 
  • 春秋社 (1993年6月1日発売)
3.88
  • (14)
  • (9)
  • (19)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :125
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (470ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393713228

作品紹介・あらすじ

最新の栄養学と民間伝承の知恵、精神神経免疫学にもとづく病気予防法と瞑想テクニックなど、現代医学と伝統医学を絶妙のバランスで統合した自然医学の決定版。テーマ別読書案内、栄養補助食品・生薬・ハーブの入手法等、いますぐ役立つ最新情報を増補。

ワイル博士のナチュラル・メディスンの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この本に書いてあることを全部守ってたら、現代日本ではほとんど食べていいものがなくなってまうねんなぁ~・・・

  • これも、またまた非常に分厚い本で、
    食事、水、呼吸、運動、休息・睡眠、メンタルなど
    さまざまな面で、自然治癒力をあげるためにどうすればよいか書かれていた。
    また、よくかかる病気の家庭療法や、ハーブ・ビタミン・ミネラルの説明も書かれていた。

    コーヒーも依存性のあるもので、コーヒーのせいで体調が悪くなる人がいるというのは意外だった。

  • 自然療法の本はたくさんあるけれど、医師による本というのはめずらしい。おばあちゃんの知恵袋の様な自然療法をただ押し進めるのではなく、きちんとした検証をもとに記載されているという点も心強く感じる。

    西洋医学を完全否定するのではなく、西洋医学のいい点、適していない点や西洋医学から自然療法へ切り替える時の注意点なども紹介。
    また治療という観点だけではなく、予防観点の記載が多いことも興味深い。

    400ページ強の本なので、読み応えはあるが、予防に関するページは頭にインプットされるまで繰り返し読みたいと感じるし、治療対処のページに関しては「イザ」という時のために一家に1冊置いておきたいと思った。

  • アンドリュー・ワイル博士には、1990年、名古屋でお会いした。講演会を「ホリスティック医学協会」がバックアップした。西洋と東洋の統合の医療。あらゆる食べ物について知りたい時、必ず読みたくなる書籍。ホリスティック医学協会の会員にその後になって、今も、多くの意識ある人たちとの会話を楽しんでいる。名古屋市内で開催される、毎月例会が、楽しみである。どなたも参加できるので、これをお読みの皆さんにも参加してもらいたいと思う。

  • いいですね。
    網羅的で、全体感があります。

    特に、鼻洗法や呼吸法、そしてLDL対策などを
    読んで関心しました。さっそく取り組んでいるものもあります。

    ほかの著書も読もうと思っています。

    図書館で借りて読んだけど、購入したいなぁ。


  • 読むのが大変です。。(汗)
    実用だけならCDブックを。

  • 分類=補完・代替・統合医療。93年6月。

  • アンドル・ワイル氏流自然医学の集大成とも言える本。
    こちらは病気の予防法・診断法・治療法の実践に徹している。ビタミンの摂取法、食事法、瞑想法など最新栄養学、民間伝承医療、精神神経免疫学を総動員させた簡単で安全で効果的な家庭療法を公開。
    病気の症状だけを羅列した「家庭の医学」の類いの本よりも、この本こそ一家に一冊あるべき本ではないでしょうか。

  • ホリスティック全般が理解できるこれも私にとってバイブル的な本。

全10件中 1 - 10件を表示

ワイル博士のナチュラル・メディスンのその他の作品

ワイル博士のナチュナル・メディスン 単行本 ワイル博士のナチュナル・メディスン アンドルー・ワイル

アンドルー・ワイルの作品

ワイル博士のナチュラル・メディスンを本棚に登録しているひと

ツイートする