平均化訓練

著者 :
  • 春秋社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393714126

作品紹介・あらすじ

野口晴哉の整体法を受け継ぐ、身体訓練法「平均化訓練」とはどのようなものか。全身を連動させ、心と身体の十全な健康を実現する、驚異の実践とその哲学を初めて公開。「野口整体」の進化形がここに。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 帯裏
    ・・・平均化訓練では、体操を通して、無意識のうちに眠らせている筋肉に気づき、それが自ずから働くような運動を意識的に学習し、その運動がまた無意識化されるように訓練していくのです。・・・(本書より)

  • 野口体操、別名ゆるゆる体操の進化、というよりか深化というべきか? 緊張させることで体の偏りを自覚して全身を使えるように… 実践に向けたオリエンテーションとしての一冊。

  • 平均化体操というのはとても奥が深い身体訓練法だと思います。

    考え方はとても興味をひかれるが、それを言語化できているかなという点では、「身体を偏りなく使いましょう」以上のことは伝わってこない。

    読み終わったときに物足りないという印象を受けました。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1973年生まれ。20代の頃より、整体創始者である祖父、野口晴哉の整体法を学ぶ。その研究を元に考案した身体訓練法を「平均化訓練」と称して、現在、指導にあたっている。

「2019年 『平均化訓練』 で使われていた紹介文から引用しています。」

平均化訓練を本棚に登録しているひと

ツイートする