楽器と身体―市民社会における女性の音楽活動

  • 春秋社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (516ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784393931653

作品紹介・あらすじ

ピアノやハープは"女性の楽器"、チェロやクラリネットは"禁じられた楽器"…。男性のまなざしが女性の活動を制限していた近代市民社会のなかで、さまざまなタブーを打ち破り、音楽家としての自立を目指した女性器楽奏者たち。ドイツ市民社会の抑圧と逸脱をとおして見る、もうひとつの音楽史。

阪井葉子の作品

楽器と身体―市民社会における女性の音楽活動を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×