ほおずき大尽 人形佐七捕物帳全集 (1) 春陽文庫

著者 :
  • 春陽堂書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784394106012

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『羽子板娘』
    羽子板のモデルになった娘・お蝶殺害事件。同じく羽子板のモデルになったお蓮の溺死事件。そして3人目の羽子板娘お組の誘拐事件。佐七の捜査。お組の母親と番頭の関係。

    『開かずの間』
    密室で毒殺された遊女・かしく。彼女の妹・お新が同じ部屋で毒殺される。かしくのライバルであり親友であったお園がかしくの母親に仕送りをする理由。かしくの常連・駿河屋との関係。

    『嘆きの遊女』
    花見にやってきた佐七が見とれる女性。その女性に絡む男たち。騒ぎの中で殺害された中間。女性の正体。お粂の父親と海賊仲間の謎。

    『音羽の猫』
    佐七の子分・辰の通う女のもとで切った猫の爪。金色の猫の爪にかくされた秘密。殺害された女の謎。その後自殺した造詣師の男、猫の飼い主の女と事件の関係。

    『蛍屋敷』
    蛍の群がる駕籠の中から現れた遺体。1年前に起きた隠居の殺人事件。隠居の為の込んだ金の行方。

    『佐七の青春』
    お粂と喧嘩して家を飛び出した佐七。飛び出した先で出会ったお絹。酔って目を覚ますと十手が盗まれていた。殺害された丁稚の遺体から発見された十手。海賊との関係。

    『ほおずき大尽』
    狂気に陥り座敷牢に閉じ込められた「ほおずき大尽」と呼ばれる隠居・海老屋万助。万助の面倒をみるお国。脱走した万助が起こす殺人事件。お国の甥たちと恋人又蔵の秘密。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

横溝 正史(よこみぞ せいし)
1902年5月24日 - 1981年12月28日
兵庫県生まれの小説家、推理作家。本名は同名で「よこみぞ まさし」。筆名を誤読した作家仲間にヨコセイと渾名され、セイシをそのまま筆名にするようになった。
1921年『恐ろしき四月馬鹿(エイプリル・フール)』が雑誌『新青年』の入選作になり、これが処女作とみなされる。 1926年に江戸川乱歩の招きに応じて上京、博文館入社。1927年『新青年』の編集長に就任、その後『文芸倶楽部』『探偵小説』等の編集長を務めながら創作活動を続けたが、1932年に同誌が廃刊となり、会社を退社。専業作家に。
金田一耕助を生む。第1回探偵作家クラブ賞(後の日本推理作家協会賞)長編賞を受賞した『本陣殺人事件』をシリーズ第一作として、以降多くの「金田一耕助」シリーズ作を残す。代表的な作品に、1947年『獄門島』、1949年『八つ墓村』、1950年『犬神家の一族』、1957年『悪魔の手毬唄』など。

横溝正史の作品

ほおずき大尽 人形佐七捕物帳全集 (1) 春陽文庫を本棚に登録しているひと

ツイートする