怪奇・伝奇時代小説選集 1 (春陽文庫 A 80-1)

著者 :
制作 : 志村 有弘 
  • 春陽堂書店
2.67
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 7
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784394180012

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「書物の王国」の人形の巻に泉目吉の話が出てて、「あー!ドールズの続編!」と高橋克彦にチェックを入れつつ。更にこの中に、九鬼澹の「天保怪異競」っていう、泉目吉の話があるのを知りまして。

    割と史実に忠実なようで、でも忠実過ぎて面白みがないとゆーか。やっぱり「ドールズ」読もう・・・・
    でも、まったく関係ない、
    生田直親の「柞(ははき)の鬼殿」が面白かった。
    幽霊譚であり、異類婚姻譚であり。
    秋成とブラックウッドを足して2で割ったような、というと伝わりますでしょーか。

  • 時代小説集ってことで、ちょっと日本情緒を堪能させてもらったわ。
    お化けの話かと思ったけど、大人版『まんが日本むかしばなし』みたいな感じ。
    十編も入ってるからストーリーが短くて読みやすかった~。

    この小説集は集め甲斐ありだわ~。


    ✿ははその鬼殿   生田直親
     殿に殺された婚約者に瓜二つのははそと結婚するが、
     庭にある木を伐採したことによって悲劇が生まれる。
     ちょっと鶴の恩返しみたいな感じのお話。
     私はこの中で一番素敵だと思ったわ~。★★★★☆

    ✿幻法ダビデの星   多岐流太郎
     ダビデの星にとりつかれた者たちの話。
     私は一番好きじゃない話。
     隠れ切支丹の話だけど、こういうときはやっぱり日本をもっと味わいたいわけよ~。
     ★☆☆☆☆

    ✿幽霊と寝た牢人  群順史
     村から娘たちをかっさらう黒姫党を倒すために、村人からお願いされた牢人の話。
     これはね~、「めでたし、めでたし」の話で読んでて気持ち良いわよ。
     ★★★★☆

    ✿天保怪異競  九鬼 
     人形師たちの競い合い。
     怖いもの好きの私としては、どんなに怖い人形なのか見てみたい。
     ★★★☆☆

    ✿水鬼(すいき)  岡本奇堂
     水鬼草に触れた女の行く末は???
     ★★★☆☆

    ✿水鬼続編 清水の井(いど)  岡本奇堂
     ある家の二姉妹が夜中に井戸を覗く。
     その裏に隠された話とは?
     ★★★☆☆

    ✿死剣と生縄  江見水蔭
     強靭のお鉄に惚れられた男の運命とは?
     私としては、強い女の話はゴメンだぜ。って感じ。
     女はやっぱり妖艶じなくっちゃね。
     ★★☆☆☆

    ✿猫に躍らせれた男  栗田勇
     猫たちをおびき出し殺して三味線の皮にするという裏社会の実態は。。。
     猫好きの私としては、ちょっと残酷な描写に気持ち悪くなったわ~。
     ★★★☆☆

    ✿妖異きず丹波  風巻紘一
     名刀をめぐるお役人たちの話。
     『きず丹波』って本当にあるんだ~。なんかいわくありげで面白そう。
     ★★★☆☆

    ✿生血曼陀羅  大澤逸足
     尼さんのストーカー物語(笑)
     ★★★☆☆

  • 編集:志村 有弘

    理屈では割り切れない不思議な現象の数々だが、なぜか怖いというよりも、しんみりしたり、ほのぼのしたりする。単純に面白い。

全3件中 1 - 3件を表示

生田直親の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×