蜘蛛男 (江戸川乱歩文庫)

著者 : 江戸川乱歩
  • 春陽堂書店 (1987年8月発売)
3.51
  • (6)
  • (7)
  • (21)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :112
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784394301127

蜘蛛男 (江戸川乱歩文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • のんびりほのぼのした展開。
    残虐描写はあるものの細かいことはすっ飛ばすそんな時代だったんだなぁ。

    劇中のほとんどで青ひげと呼ばれていたのになぜか途中で
    蜘蛛男になんで??

    犯罪の片棒かついだ青年はいつか明智小五郎に対することがあるのだろうか?だとしたら面白いかも。

  • 江戸川乱歩全集のを読んだけど、差し当たってこれを登録。

    これってアリか?
    という内容。結局読み終えたらば大団円?
    そうなのか?

    毎度毎度、江戸川さんには驚かされています。

  • 面白かった。
    蜘蛛男の正体は薄々気付いていたが、実際にあの人だったことに衝撃を受けた。蜘蛛男、ものすごい悪人だ。

  • アクロイド殺し的な展開で、そこに行き着くまでの話は面白く読み進められたけど、そっから大団円までがちょっと長かったような……。
    そして安定のユートピア願望(少量)

    とりあえず少し期間を置いて、今度はネタバレを知った上で読むとまた違った形で楽しめそう。

  • 読者目線の描写があって、好きだった。犯人は結構前からわかっても、そっからの攻防戦がなかなかいい!
    犯罪としてはかなり気持ち悪い。

  • 真打ちは遅れてやって来る。ちょっと遅すぎやしないかい。
    日本人の好みの問題だとよく言われるように、真犯人が割と露骨。しかしその悪党の陶酔っぷりはさすが江戸川乱歩。面白かったです。

全7件中 1 - 7件を表示

蜘蛛男 (江戸川乱歩文庫)のその他の作品

蜘蛛男 (角川文庫) 文庫 蜘蛛男 (角川文庫) 江戸川乱歩
蜘蛛男 Kindle版 蜘蛛男 江戸川乱歩

江戸川乱歩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
安部 公房
谷崎 潤一郎
安部 公房
有効な右矢印 無効な右矢印

蜘蛛男 (江戸川乱歩文庫)はこんな本です

ツイートする