猟奇の果 (江戸川乱歩文庫)

著者 :
  • 春陽堂書店
3.29
  • (3)
  • (8)
  • (25)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 101
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784394301141

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 欲望の底深さ

  • 長編サスペンス。

  • 久しぶりに明智君来た~。しかし微妙なシーンの描写は省いているけど、いやらしいやら気持ち悪いやら、昭和ってのは本当に怪しげな世界が好かれていたんだなー、と。

  • 明智小五郎は案外間抜けだった!
    この時代の大らかさ故なのかそうゆう印象を受ける。

    結局、肝心の首魁の正体もなんでこの事件を画策したのか謎のまま。

    夢物語でよいのだ。でかたずけられるのはいい時代だったんだな。

  • 中盤から終わりにかけての間が少し冗長だったかなー。そこをもっとさっくりしてくれたら読後感が良かったかも…。
    入りはいつもと違う雰囲気で、どんな風に展開していくのかまったく予想できなかった。
    幽霊塔でのあの恐るべき人間改造を思い出させるような、そんでもって整形でそこまで人を騙せるのかしらと思いも残しつつ、なによりもタイトルがいいなあと。

  • 結局のところ、大げさな表現でとんでもないことのように書かれていたものがただのよくできた〇〇であったにすぎないと思ってしまうのは現代を生きる人間だからだろうか。

  • 設定にとことん無理のある、かなり素っ頓狂なスリラー(笑)
    でも、乱歩だから、まあいいか、という感じ(^^;)
    やっぱり短編の方が上手いんだよなぁ。

  • 銀座の陰気なカフェでポン引き紳士に誘われて、
    猟奇の徒・青木愛之助は「秘密の家」を訪れた。
    そこで彼が出会ったのは、友人そのままの幽霊男であった。


    今では実現可能に思えるトリックですが、
    この時代ではとんでもく突拍子なトリックだったんだと思います。
    それを思いつく乱歩もスゴイです。
    今なら出来そうでも、乱歩が描くと何だか不思議な世界が広がります。

  • このお話に出てくるトリックは現代に於いて、もう実現可能なレベルにまできてるな、と思った。こういう犯罪は通用するんだろうか。実は隣のあの人も偽者だったりして。

  • 猟奇=グロではなく、アウトローみたいな意味。当時としては荒唐無稽と言うか、面白い話だったのかなと。リズムが悪くちょっと疲れる。

全10件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1894‐1965。明治27年10月21日三重県に生まれる。早稲田大学で経済学を学びながらポーやドイルを読む。様々な職業を経験した後、大正12年、雑誌「新青年」に「二銭銅貨」でデビュー。昭和22年、探偵作家クラブ結成、初代会長に就任。昭和29年、乱歩賞を制定。昭和32年から雑誌「宝石」の編集に携わる。昭和38年、日本推理作家協会が認可され理事長に就任。昭和40年7月28日死去

「2018年 『人間豹』 で使われていた紹介文から引用しています。」

江戸川乱歩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安部 公房
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする