悪魔の紋章 (江戸川乱歩文庫)

著者 :
  • 春陽堂書店
3.26
  • (3)
  • (7)
  • (26)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 102
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784394301233

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • こちらも長年積読していたのをやっとこ読む。乱歩のカバーは春陽堂が一番やばくて好きなので、基本集めているのは春陽堂。過去のものはたぶん書かないと思うので、ここから書いていく。序盤で明智小五郎は居ないとの事で、狂言回しはしろうと探偵の宗像隆一郎博士が担う事になる。結構早い段階で妖しさ抜群のこの博士、やっぱり黒幕でした。
    後は誰がこのネタを暴くのかと思えば、美味しい処だけかっさらっていく明智小五郎!鮮やかな推理で脱帽です。
    しかし、昔の小説だから文字のポイント数がたまらなく小さい。6~7あたりか? 薄い文庫だと思っていると怪我するぜ。今の文庫のポイント数で換算するとページは+1.5倍はあるとみた。

  • 三重渦状指紋や凄惨な殺人事件が印象的。内容にこれといった破綻はなく出来の良い作品だと思いますが、プロットは『蜘蛛男』に似ていますし、犯人やトリックも過去作の使い回しで新味を感じられないのが残念です。

  • まさか蜘蛛男と同じパターンじゃないよね…?と思いながら読み進めていって、その予感が残念ながら当たってしまった…。

    指紋の恐怖は良かったけど、あまりにも不可能事が多くてもう逆に犯人が絞られちゃって、その辺がなあ…これなら蜘蛛男の方が自然だったかなあ。

  • 途中まで別の探偵が主役を張って最後に明智小五郎が出てきて驚くべき犯人の正体を暴いてみせるという構成も犯人の正体もお化け屋敷での犯人との対峙も別作品で出てきたモチーフであり新鮮味がないなあと(作品発表の時系列は把握してないのでどっちが先か分からないけれども)。乱歩作品の一種の華である殺しの方法も実にあっさりとしてるし。ただこの春陽文庫版のどこかエロティックな感じさえあるグロテスクな表紙は素晴らしい。

  • H製糖取締役・川手庄太郎は差出人不明の脅迫状に
    悩まされていた。氏の依頼で犯人究明に立ち上がった
    法医学界の権威・宗像博士の助手が殺され、
    そこに残されていたのは、奇妙な三重渦状指紋であった。


    最初の方は明智小五郎は出てきません。
    でもこれは面白かった。
    三重渦状指紋があちらこちらに残されてたら
    確かに不気味ですよね(´ω`;)


    春陽堂サンの表紙絵が好きで乱歩はずっとこの出版社で
    読んでます。なので表紙絵ナイの寂しい(;ω⊂)グスン
    表紙のデザインって結構大事ですよね♪

  • なんか評価低いみたいだけど面白かった〜!
    孤島の鬼の次くらいに好きかも。

  • これはやられました
    乱歩を初めて手に取る人におすすめと言う、某書店の言葉は確かでした

  • 序盤では出番が無いが、これも明智小五郎シリーズ。
    展開は面白いがやや散漫な印象。然し昭和初期の独特の雰囲気は抜群。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

江戸川乱歩(えどがわ らんぽ)
1894年10月21日 - 1965年7月28日
日本を代表する小説家・推理作家。三重県生まれ。ペンネームの江戸川乱歩は、小説家エドガー・アラン・ポーに由来。早稲田大学で経済学を学びながらポーやドイルを読む。様々な職業を経験した後、大正12年、雑誌「新青年」に「二銭銅貨」でデビュー。昭和22年、探偵作家クラブ結成、初代会長に就任。昭和29年、乱歩賞を制定。昭和32年から雑誌「宝石」の編集に携わる。昭和38年、日本推理作家協会が認可され理事長に就任した。代表作に『D坂の殺人事件』、『陰獣』、『孤島の鬼』、『怪人二十面相』、『幻影城』、『探偵小説四十年』など。少年探偵団シリーズは絶大な人気を博した。

悪魔の紋章 (江戸川乱歩文庫)のその他の作品

江戸川乱歩の作品

ツイートする