幽霊塔 (春陽文庫―江戸川乱歩文庫)

著者 : 江戸川乱歩
  • 春陽堂書店 (1988年1月発売)
3.54
  • (6)
  • (12)
  • (21)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :131
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784394301240

幽霊塔 (春陽文庫―江戸川乱歩文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最後の駆け足感というか、尻切れトンボというか、肩透かしというか…。
    犯人の名前が出ても「ああ…」ってくらいだし、秋子さんの左手首もぎん子のじゃない?と思わせて普通にぎん子だったし…。
    時計塔の迷路もなんだかんだ言うわりには秋子さんが解いてくれててあっさり財宝まで見つかるし…。

    ストーリーはいまいちかなあ。

  • (「BOOK」データベースより)
    因果な来歴から幽霊塔と呼ばれるその塔で、北川光雄は宿命的な出逢いをする。鄙にはまれな麗人、野末秋子の凄絶とさえ映る美相に心は乱れて、文目も分かぬ恋路の闇を惑い歩く。数奇な境涯にあるらしき懸想人に妻問を拒まれるも愛染断ちがたく、私情を捨てた献身を誓うのだったが―。全編を彩る計り知れない謎、金銀財宝を秘めた西洋館を舞台に展開する波瀾万丈の翻案大ロマン。

  • タイトルからおぞましい内容を期待していたが、可もなく不可もなくという感じ。
    あまりにトントン拍子な部分とラストでシラけた感がある。

  • 乱歩作品にしては読みやすくて、落ちの付け方も含めて少年少女向けでもいいかなと思った。

  • ジャンルはあるいはミステリか。
    春陽堂、江戸川乱歩文庫は
    その装丁で+★1です。

    殺人のあったとけい塔、クモ屋敷やらせむしの白痴などといった
    オドロオドロしい設定、
    謎の美人に名探偵(脇役だけど)、
    いかにも江戸川乱歩の世界。
    こういう作品を読むと「日本人で良かった」と思う。
    35年くらい前に市川崑あたりで映画化していたら素敵だったかも。

  • おじの持つ屋敷に幽霊塔と呼ばれる時計塔があった。
    ここで六年前、老婆惨殺事件があった。
    そこでわたしは閨秀作家・野末秋子と出会ったが、
    何故かひた隠す彼女の手首にある秘密を感じた。
    莫大な財宝のナゾを秘めた『幽霊塔』。


    結構、初期に読んだ乱歩作品です。
    長編自体はこれで二作目くらいだったからか、
    スゴク乱歩の世界に惹き込まれました。

    怪しい噂のある殺人事件のあった塔。
    美人作家の秘密。
    彼女の周りに現れる怪しい人影・・・

    ドキドキしながら読み進め、
    驚きの真相に唖然です。

  • 乱歩小説に登場する女性の中で秋子さんが一番好きです。

  • 騙されっぱなしです。次こそは先に犯人をみつけてやるぞ!!

全9件中 1 - 9件を表示

幽霊塔 (春陽文庫―江戸川乱歩文庫)のその他の作品

幽霊塔 (江戸川乱歩全集) 単行本 幽霊塔 (江戸川乱歩全集) 江戸川乱歩
幽霊塔 単行本 幽霊塔 江戸川乱歩
幽霊塔 江戸川乱歩全集 Kindle版 幽霊塔 江戸川乱歩全集 江戸川乱歩

江戸川乱歩の作品

幽霊塔 (春陽文庫―江戸川乱歩文庫)に関連する談話室の質問

幽霊塔 (春陽文庫―江戸川乱歩文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする