十字路;盲獣 (江戸川乱歩文庫)

著者 :
  • 春陽堂書店
3.36
  • (2)
  • (7)
  • (15)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 108
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784394301301

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 長編「十字路」と「盲獣」を収録。

  • 2015年9月20日に開催された第1回ビブリオバトル全国大会inいこまで発表された本です。予選B会場発表本。

  • 十字路
    一個の嘘を隠すために嘘を重ねていくあの肝が冷える感覚をここまで味わえるとは思わなかった。読んでてすごくドキドキした。

    盲獣
    面白くないとは言わないけど…すくなくとも大内麗子さんのトリックを簡単なやつでもいいから記載してほしかったなー。
    本人も冗長になり過ぎってことを書いていたけど、大内麗子さんの件をサッパリさせていたらもっと好きな作品になったと思う。終わり方は今までのと少し違っててそれはそれでよかったかな。

  • 十字路
     ・よく場面が変わるが、うまく繋ぎ合せている
     ・伏線を綺麗に回収している
     ・ラストが切ない

    盲獣
     ・描写がかなりグロテスク
     ・終わり方の後味が悪い

  • 伊勢商事社長・伊勢省吾は狂信信者である妻・友子を
    嫌い、秘書・沖晴美と恋愛関係にあった。
    省吾は友子を絞殺し、車で遺体を運ぶことにしたが、
    十字路で思わぬ事故に遭ってしまい・・・


    『十字路』は現代風に書き換えたドラマで見たことあります。
    その時は江戸川乱歩のこのお話しを知らずに見てたのですが、
    えらく印象に残ってたみたいで、読んだ時にフッと思い出しました。

    他『盲獣』を含む、長編と中編集になっております。

  • その他の収録作品:<br>
    盲獣

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

江戸川乱歩(えどがわ らんぽ)
1894年10月21日 - 1965年7月28日
日本を代表する小説家・推理作家。三重県生まれ。ペンネームの江戸川乱歩は、小説家エドガー・アラン・ポーに由来。早稲田大学で経済学を学びながらポーやドイルを読む。様々な職業を経験した後、大正12年、雑誌「新青年」に「二銭銅貨」でデビュー。昭和22年、探偵作家クラブ結成、初代会長に就任。昭和29年、乱歩賞を制定。昭和32年から雑誌「宝石」の編集に携わる。昭和38年、日本推理作家協会が認可され理事長に就任した。代表作に『D坂の殺人事件』、『陰獣』、『孤島の鬼』、『怪人二十面相』、『幻影城』、『探偵小説四十年』など。少年探偵団シリーズは絶大な人気を博した。

江戸川乱歩の作品

ツイートする