赤外線男 他6編 (春陽文庫―探偵小説傑作選 名作再刊シリーズ)

著者 :
  • 春陽堂書店
3.00
  • (1)
  • (2)
  • (7)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 37
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (305ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784394389019

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 国宝的天才、白鳥理学博士の奇病に隠された陰謀とは「盗まれた脳髄」
    カフェのナンバーワン春ちゃんが布団の中でナイフを突き立てられていた。常連の岡安は彼女はネオンに殺されたと言いだすが。「電気看板の神経」
    不幸続きの月田半平が幸せになるためにしたことは。「幸運のほくろ」
    無人の工場で夜中に鉄骨が鳴るという噂。「夜泣き鉄骨」
    人間の脅迫観念を助長する実験が招いた結果とは。「三角形の恐怖」
    酩酊した帆村探偵が夜道で出会った不可解な青年の謎。「西湖の死人」
    闇の中を赤外線で撮影してみるといないはずの人が映っていた。「赤外線男」

    少年探偵団のような薄暗さと荒唐無稽さがたまらない。大人向けだからかグロテスクなところもあり、作者の好みなのか微妙に下品。
    わかるけどさー、トイレが鍵ってどう?
    ボラギノールってこのころからあるんだ!って。
    「幸運のほくろ」はてっきり友人と彼女がグルなのかと思っていたのになあ。
    好きな空気の本なんだけどなんでかイマイチだった。何が足りないんだろ。

  •  本書の最後に収録されている『赤外線男』が特に秀逸。
     赤外線でしか見えないという透明人間事件に、Z大学の理学士・深山楢彦、その学生助手である白丘ダリアなど、興味深いキャラが多数登場。
     この白丘ダリアさん、大学3年生なのになかなかの活躍をします。
     後に海野十三は『海底都市』で、ダリアというマッドな女子学生を登場させます。
     ダリアは花の名前でしょうか。海野十三はダリアに対して特別の感情を持っていたのでしょうか。
     ダリアはかつて有毒の花と言われていたようですが、今では食用ダリアもあるそうです。
       http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20160813/p1

  • 『盗まれた脳髄』

    『電気看板の神経』

    『幸運の黒子』

    『夜泣きの鉄骨』

    『三角形の恐怖』

    『西湖の屍人』

    『赤外線男』

  • イメージ参照(http://blogs.dion.ne.jp/kentuku902/archives/4986502.html)
    (収録作品)西湖の屍人/三角形の恐怖/夜泣き鉄骨/幸運の黒子/電気看板の神経/盗まれた脳髄/赤外線男

  • 名探偵帆村荘六萌えなのです。
    青空文庫で読んでから夢中なのです。http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person160.html

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1897-1949。推理小説家。日本SFの草分け。主な作品に、「電気風呂の怪死事件」「深夜の市長」「赤外線男」「蠅男」「十八時の音楽浴」「地球盗難」「火星兵団」など。

「2018年 『海底大陸』 で使われていた紹介文から引用しています。」

海野十三の作品

ツイートする
×