だから、鶴彬―抵抗する17文字

著者 :
  • 春陽堂書店
4.00
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784394902812

作品紹介・あらすじ

川柳は落書きだ!反戦、反対制を貫いた日本のサブカルチャー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  石川県高松出身の反戦川柳作家・鶴彬(つるあきら)の作品集です。
     本書がとても魅力的なのは,鶴彬の作品を紹介するだけでなく,その川柳が書かれた当時の世相や時代背景を紹介してくれているからです。その紹介文からは,その内容を選択した著者の思想的な部分も伝わってきます。
     それにしても鶴彬の川柳は,とても強烈です。
    ・凶作を救へぬ仏を売り残してゐる
    ・手と足をもいだ丸太にしてかへし
     まだ鶴彬に触れたことのない方,まずは本書を読まれることをお薦めします。

  • 鶴彬の川柳を引きながら、当時の時代状況なども踏まえた解説をしている。

  • このタイミングで読む意味がある。どのタイミングでもか。
    鶴彬がうずらの卵を売って生計を立てるために、川柳会のメンバーが募金を募ったエピソードが好き。

全3件中 1 - 3件を表示

楜沢健の作品

だから、鶴彬―抵抗する17文字はこんな本です

だから、鶴彬―抵抗する17文字を本棚に登録しているひと

ツイートする