漢方に恋して

著者 :
  • 春陽堂書店
3.17
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784394902959

作品紹介・あらすじ

おんなのからだは7年周期。漢方と出合い、きれいになった7人の物語。中医師・幸井俊高の新境地、書き下ろし漢方小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『黄帝内経』に女性は7年周期で体質が変わると書かれている漢方の考え方を基に書かれた7作の短編集。
    大まかには知っていた病気に対する西洋医学の見方と東洋医学の見方の違いをしっかりと知れました。
    漢方による体質改善、詳しく知りたくなりました。

  • 幅広く活動していることに驚く
    とても勢力的だなあ
    黄帝内経によると女は7年ごと、男は8年ごとに節目がある
    なんだか、男の方がいつまでも若さを保てるような書き方だけれど
    女の方が長生きなんだよね

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

東京・帝国ホテルプラザ内「幸福薬局」代表、中医師。東京大学薬学部、中国・国立北京中医薬大学卒業。アメリカ・ジョージワシントン大学経営大学院修了。『舌をみれば病気がわかる』など漢方に関する著書も多数。

「2016年 『ハンディ版 舌をみれば病気がわかる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

幸井俊高の作品

ツイートする