明日咲く言葉の種をまこう

著者 :
  • 春陽堂書店
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784394903680

作品紹介・あらすじ

編集者、ライター経験を経て、書評家、コラムニストとして活躍する岡崎武志。
小説、エッセイ、詩、漫画、映画、ドラマ、墓碑銘に至るまで、自らが書き留めた、とっておきの名言、名ゼリフを選りすぐって読者にお届け。「名言」の背景やエピソードから著者の経験も垣間見え、オカタケエッセイとしても、読書や芸術鑑賞の案内としても楽しめる一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 5/31新聞

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1957年大阪生まれ。立命館大学卒。ライター。書評家。主な著作に『気まぐれ古書店紀行』(工作舎)『読書の腕前』『蔵書の苦しみ』(光文社新書)『女子の古本屋』『昭和三十年代の匂い』(筑摩書房)『上京する文学――漱石から春樹まで』(新日本出版社)『新・文学入門』(山本善行との共著、工作舎)『古本道場』(角田光代との共著、ポプラ社)他多数。

「2020年 『夕暮の緑の光 新装版 野呂邦暢随筆選』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡崎武志の作品

ツイートする
×