新版 ヨーロッパ建築序説

制作 : 小林 文次  竹本 碧  山口 広 
  • 彰国社 (1989年5月発売)
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (431ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784395050833

新版 ヨーロッパ建築序説の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 5章だけしっかり読んだ。
    建築史の基本書として評価の高い1冊。らしい。
    作者はイギリス建築専門とのことなので、もしかしたらその関連章の方が力を入れて書かれているのかもしれないね。読んでないですけど

  • 目次
    1章 微光と夜明け(4世紀‐10世紀)
    2章 ロマネスク様式(1000年ごろ―1200年ごろ)
    3章 ゴシック様式の初期と盛期(1150年ごろ―1250年ごろ)
    4章 後期ゴシック様式(1250年ごろ―1500年ごろ)
    5章 ルネサンスとマニエリスム(1420年ごろ―1600年ごろ)
    6章 ローマカトリック教国のバロック様式(1600年ごろ―1760年ごろ)
    7章 16世紀から18世紀までのイギリスとフランス
    8章 ロマン主義運動、復古主義、近代運動のはじまり(1760年ごろ―1914年)
    9章 第一次世界大戦の終わりから今日まで
    アメリカ建築についての補記

全2件中 1 - 2件を表示

ニコラウス・ペヴスナーの作品

新版 ヨーロッパ建築序説はこんな本です

新版 ヨーロッパ建築序説を本棚に登録しているひと

ツイートする