箱の産業―プレハブ住宅技術者たちの証言

  • 彰国社
2.83
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 29
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784395320011

作品紹介・あらすじ

プレハブ住宅産業はこうして生まれた!その揺籃期、1960年前後から1970年代までの動きを、当時の若き技術者たちのオーラルヒストリーで生き生きと構成。技術者一人ひとりのものがたりをもとに歴史を紡ぐ技術社会史の労作、ここに成る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • プレハブ産業技術者のオーラル・ヒストリー

  • 20190921 下京図書館
    「ハウスメーカ」というのは、もともとこういうところからなんだ、と改めて腑に落ちた。

  • 建築維持活用論[Approaches for Extending the Life of Built Environment]

  • 現在の主要なハウスメーカーの技術の根幹をヒヤリングという形で整理された内容。旭化成ホームズの鉄骨ALC造へのこだわりが良く分かった。また、トヨタホームが以外と古くから住宅のシステム化に検討していたことに驚いた。

  • 和図書 520.9/H18
    資料ID 2013103632

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

東京大学教授

「2020年 『和室学 世界で日本にしかない空間』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松村秀一の作品

ツイートする
×