抗癌剤―知らずに亡くなる年間30万人 (祥伝社新書 (001))

著者 :
  • 祥伝社
3.26
  • (2)
  • (4)
  • (10)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396110017

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 抗癌剤の初治療は診療報酬の点数がつなかいという現在の医療環境の中、外科医として化学療法を「さじ加減」で最高の結果をどう得るかについて、実績に基づいた話。

  • 日本人の3人に一人は癌で死ぬ。癌治療について多くの知識は必要だ。

  • 「抗癌剤治療は副作用がひどい!!そして抗癌剤は癌にも効果がある代わりに正常な細胞もダメにしてしまう。」というのが自分の抗癌剤に対する乏しい知識だったけど、本書を読んで大きく間違えていた事を思い知らされた。抗癌剤も量や組み合わせ等、使い方で全く結果が異なってくるという事がよく分かった。そしてそういった使い方が出来る医師が少ない事や仕組みが邪魔をしている事も。

  • 4396110014  252p 2005・5・10 初版4刷
    ◎抗癌剤一つから日本の医療の問題点が浮かび上がってしまう。もし患者になってしまったらどうするか?いろんな症例から癌とは何か考えさせられる。

  • [ 内容 ]


    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 「癌治療」=「手術」、「抗癌剤」=「副作用」という偏見・誤解はなぜ出来あがったのか。「癌と闘うな」という医師の発言が支持される現状に問題はないのか著者・平岩正樹は問いかける。

全6件中 1 - 6件を表示

平岩正樹の作品

ツイートする