アメリカもアジアも欧州に敵わない―「脱米入欧」のススメ (祥伝社新書)

著者 :
  • 祥伝社
3.00
  • (1)
  • (1)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396110307

作品紹介・あらすじ

新しい世界の秩序は日本と欧州が作るのだ。アメリカとのつき合いには限界がある。ヨーロッパ所見ガイドつきのニュー・新西洋事情。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新書文庫

  • ヨーロッパ旅行する前には、見なおしていいと思う。問題はそのことを覚えているかどうかだ。

  • タイトルとは違って至って強烈な切り口はない本。
    毒舌な本ではないですのであしからず!!

    この本はヨーロッパの歴史を
    再度学習するのにはもってこいな本でしょう。
    しかしフランス革命のときに棺桶に入っていた遺体
    ゴミ箱投げ捨て事件には驚きました。
    捨てられた人悲劇…

    ほぼ観光と食です。
    タイトルとはかなり相違です。
    面白かったからよいですが。

  • 時間列に沿っているわけではなく、著者の興味があるところだけチョイスしたような印象を受けました。
    …個人的には少々読みにくかったです(-.-;

  • 欧州各国の歴史、文化、社会、政治、食生活など色々な内容が書かれている。
    タイトル負けしている。このタイトルは大袈裟。

  • 若干UPをサボっていた為、この本は結構前に読んだもの。独自視点の論証というよりも、何となくヨーロッパ各地の歴史ダイジェスト的な感じだった――気がする。(おい…)

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

八幡和郎(やわた・かずお)1951年滋賀県生まれ。東京大学法学部卒業。通商産業省(現経済産業省)入省。フランスの国立行政学院(ENA)留学。北西アジア課長(南北朝鮮担当)、大臣官房情報管理課長、国土庁長官官房参事官などを歴任後、現在、徳島文理大学教授を務め、作家、評論家としてテレビなどでも活躍中。著書に『皇位継承と万世一系に謎はない』『世界と日本がわかる最強の世界史』『日本と世界がわかる最強の日本史』『韓国と日本がわかる最強の韓国史』(いずれも扶桑社新書)ほか多数。

「2018年 『中国と日本がわかる最強の中国史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

八幡和郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする