グレート・スモーカー―歴史を変えた愛煙家たち (祥伝社新書 (051))

  • 祥伝社 (2006年8月発売)
3.36
  • (2)
  • (2)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :29
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396110512

グレート・スモーカー―歴史を変えた愛煙家たち (祥伝社新書 (051))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    生きた、喫った、愛した! 偉業の陰に「たばこ」あり!
    政治家、軍人から芸術家、アスリートまで、たばこを友とした古今東西の100人が登場。
    <本書に登場するスモーカーたち>
    【紙巻派】明治天皇、大正天皇、毛沢東、夏目漱石、芥川龍之介、北原白秋、坂口安吾、小津安二郎、ジェームズ・ボンド etc.
    【葉巻派】チャーチル、吉田茂、ケネディ、ゲバラ、カストロ、森鴎外、開高健、團伊久磨、力道山、シュワルツェネッガー etc.
    【煙管派】幸田露伴、小泉八雲、八代目桂文楽、五代目古今亭志ん生 etc.
    【パイプ派】マッカーサー、ゴッホ、石川欣一、ウォルター・ローリー、ポカホンタス、シャーロック・ホームズ etc.
    ●たばこの歴史、偉大なるアンチスモーカー(嫌煙家)も併せて紹介

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 1243夜

  • 今のご時世、この本が存在すること自体にキーってなっちゃう人も多いだろうと思う、あるいみ貴重な内容の本。
    焚書に合う前に読めてよかった。

  • 最初の煙草の広まり方についての文章が、今まで読んだ中では一番わかりやすかった。後の本題になる人物ごとのエピソードは、ぶっ続けで読み通すとちょっと飽きるかも。でも面白い。

  • チャーチル、アインシュタイン、毛沢東、JFK、吉田茂、カストロ、ゲバラ、マッカーサーなどの歴史的一流人物と、芸能人、作家の喫煙についての物語。こういう面々が喫煙かだったことを考えると、総合的に考えてタバコが体に悪いとは到底信じられない。
    面白いが、きっとPTAから発禁処分を受けそう。

全5件中 1 - 5件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
オルテガ・イ ガ...
有効な右矢印 無効な右矢印

グレート・スモーカー―歴史を変えた愛煙家たち (祥伝社新書 (051))はこんな本です

ツイートする