文豪が愛し、名作が生まれた温泉宿 (祥伝社新書138)

著者 :
  • 祥伝社
3.50
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396111380

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 旅のお供には、新書くらいの厚さが便利だ。

    吉川英治と温川温泉のエピソードがいいなぁ。下駄と草履を片方ずつ履いてきた怪しい人が、まさか家出してきたあの吉川英治とは誰も思わないよね。

    紹介されてる温泉はどれも魅力的で風情のある旅館ばかり。ミーハーだけど、この旅館に泊まって縁のある文豪の著書を読みたくなる。

  • なかなかおもしろい。
    温泉と作家は切り離せない関係なんだな(´∀`)

  • 帯にもありますが、素敵な行きたくなる宿ばかり。
    手にしたきっかけは、以前行った花巻の鉛温泉が紹介されてたことからなのですが、
    知らなかった温泉宿がたくさんあって、旅に出たくなりました。

    小林多喜二をかくまってくれたお宿、いつか行ってみたいな〜

全3件中 1 - 3件を表示

福田国士の作品

文豪が愛し、名作が生まれた温泉宿 (祥伝社新書138)はこんな本です

ツイートする