知られざる「吉田松陰伝」-『宝島』のスティ-ヴンスンがなぜ? (祥伝社新書173)

  • 祥伝社 (2009年8月26日発売)
3.56
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :37
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396111731

知られざる「吉田松陰伝」-『宝島』のスティ-ヴンスンがなぜ? (祥伝社新書173)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『宝島』で有名なスティーブンソンが、吉田松陰について綴ったことについて記述した一冊。

    日本で吉田松陰伝が書かれるよりも早かったというのも興味深いが、何より彼が海外の文豪にまで届く偉大な人物であったということが誇らしい。

  • 「宝島」や「ジキル博士とハイド氏」を書いたあのイギリスの文豪スティーヴンスンが、それらの名著を書く前にその著書の中で「吉田松陰=ヨシダ トラジロウ」について書いている文章があった。 その背景をしらべた内容を書いた一冊。 面白い視点に立っています。

  • [ 内容 ]
    スティーヴンスン研究家である著者は、ある時、文豪の書いた一行に目が釘付けになった。
    そこには、彼がヨシダトラジロウの伝記を書いたと記されてあったからである。
    だとすると、それは国内の誰よりも早く、世界で初めて書かれた松陰伝ということになる。
    だがそれにしても、彼はいつ、どこの誰から松陰のことを知ったのだろうか。
    そしてその内容とは。
    またイギリス人の彼をして松陰伝を書かしめた動機とは何か。
    そこに込めようとしたメッセージとは。
    アメリカ、スコットランド、日本―著者の謎解きの旅が始まる。

    [ 目次 ]
    序章 なぜ、世界最初の吉田松陰伝が英国で―日本より十一年も早く業績が評価された理由
    第1章 スティーヴンスン作『ヨシダ・トラジロウ』全訳―それは感動に満ちた内容であった
    第2章 誰が文豪に松陰のことを教えたのか―維新の群像たちが求めていたもの
    第3章 どうして伝記は密封されていたのか―松下村塾の秘密を解くカギはここにある
    第4章 松陰伝がサンフランシスコで執筆された理由―文豪にとって、松陰は「勇気」であった
    終章 スティーヴンスンが日本に残したもの―われわれに誇りを取り戻させてくれた

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • この本の面白いところは、吉田松陰というより、宝島を書いたスティーヴンスンが吉田松陰をなぜかくことになったか?結論はよく割らない本だが、スティーヴンスンの一生がすごくよく書かれていて、分かりやすかった。本の大半は吉田松陰の記事だが、こちらは中途半端。本の題と内容はほぼ乖離しているし、記述のほとんどが吉田松陰だが、作者は何を表現したかったのだろうか?よく理解出来ないが、スティーヴンスンのことがよくわかってよかった。宝島からワンピースへつながることから、すごく興味深かった。

全4件中 1 - 4件を表示

知られざる「吉田松陰伝」-『宝島』のスティ-ヴンスンがなぜ? (祥伝社新書173)のその他の作品

1-B079HJMC51の詳細を見る Kindle版 1-B079HJMC51 よしだみどり

よしだみどりの作品

知られざる「吉田松陰伝」-『宝島』のスティ-ヴンスンがなぜ? (祥伝社新書173)はこんな本です

ツイートする