• Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396112882

作品紹介・あらすじ

昭和三十年代初め、東京・豊島区椎名町の二階建て木造アパート「トキワ荘」。入居していた手塚治虫を慕う、若く才能のある漫画家たちが次々と引っ越してきて、「トキワ荘」はいつしか少年マンガ揺籃の地となっていった。住人であった漫画家たちが、それぞれの作品で当時の思い出を綴る貴重な記録-待望の復刊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 以前住んでいた事のある椎名町にあったトキワ荘。
    そこは漫画家の聖地のような場所だったらしい。

    トキワ荘に住んだことのある漫画家達が
    その歴史を描いている。
    夢の生まれるアパートだったんだなぁ。

  • 良かった。トキワ荘ものは私の創造の原体験だ。

  • 伝説のトキワ荘と関わりのあった漫画家たちの、トキワ荘をテーマにしたマンガ集。それに加え、対談も収められている。

    復刊書だけあって、この対談には、その後あまり目にすることにないテラさんや藤本先生も参加しており、それだけでも興味を惹かれた。(恐らく後年であろうが、)藤子不二雄は、一人一部屋借りていたんだ、とか、いろいろと発見もあったりする。

    漫画自体には、ちょっと「??」というものもあるが、それも含めて面白い。石ノ森氏の漫画は、セリフなしであるが、その分圧倒される。

    [more]
    手塚 治虫 (著), 赤塚 不二夫 (著), 森安 なおや (著), 寺田 ヒロオ (著), つのだ じろう (著), 水野 英子 (著), よこた とくお (著), 鈴木 伸一 (著), 永田 竹丸 (著), 長谷 邦夫 (著), 藤子 不二雄A (著)

    内容紹介
    「机もなんにもない部屋で売れないまんがをセッセと毎日かいていた。トキワ荘はまんがの宝庫だった。生きた まんがの参考書がゴロゴロいるのだ。まんがのことでいきづまると先輩の部屋へおしかけ、相談した。毎夜集ま って夜明けまでまんがを論じあった」(赤塚不二夫) 昭和三十年代初め、東京・豊島区椎名(しいな)町(まち)の二階建て木造アパート「トキワ荘」。入居していた手塚治虫を慕う、若く才能のある漫画家たちが次々と引っ越してきて、「トキワ荘」はいつしか少年マンガ揺籃(ようらん)の地となっていった。 住人であった漫画家たちが、それぞれの作品で当時の思い出を綴(つづ)る貴重な記録――待望の復刊!
    出版社からのコメント
    伝説の漫画短編集の、待望の復刊! 昭和の時代を記録する資料としても重要な本書は、長く入手不可能となっており、マニア垂涎の本でした。 手塚治虫ほか計12人の力作をお楽しみください。

  • アメリカだったらどっかの大富豪がポンとお金出して保存しただろうに。日本のマンガ界の奇跡の時期。

  •  
    ── 手塚 治虫《まんが トキワ荘物語 20120801 祥伝社新書288》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4396112882
     
    (20150905)
     

  • 【メモ】
    ・トキワ荘の住人と通い組がそれぞれの思い出を短編として描いている
    ・タッチもコマ割りも「笑わせようとして描いてるポイント」も現代の派手な漫画と全然違うんだな!と思った。正直、わかりにくいな、と思ってしまった漫画もある
    ・日本の漫画のご先祖様を拝むような気持ち
    ・一日ひとつアイデアを出す、一日ひとつ4コマを描くと決めてがんばるってやっぱりすごいと思う・・・
    ・大作家の人でも最初は安い原稿料だったのだ。そんなとき「仕事」はただ待っていても来ない。工夫と努力で狩りに出て捕ってくるもの。一緒に狩りに出られる仲間がいるのはすごく素敵な事だ!

  • 『まんがトキワ荘物語』読了。

    手塚治虫さん、つのだじろうさん、藤子不二雄Aさん、
    永田竹丸さん、寺田ヒロオさん、森安なおやさん、
    鈴木伸一さん、よこたとくおさん、赤塚不二夫さん、
    長谷邦夫さん、水野英子さん、石ノ森章太郎さん。

    それぞれの漫画家さんが、それぞれの視点から当時のことを振り返り、
    それぞれのトキワ荘物語を漫画として描かれた、短篇集です。

    漫画が好きで、トキワ荘にまつわる話が大好きな方であれば、
    楽しめる一冊だと思いました。

    トキワ荘が描かれた漫画は『まんが道』が有名ですが、
    色々な視点から見ると、当時のことを
    イキイキとイメージすることができました。

    --------------------
    少年まんが“伝説”の地
    それは2階建て木造アパートだった!

    手塚治虫、つのだじろう、藤子不二雄(A)、永田竹丸、寺田ヒロオ、森安なおや、鈴木伸一、よこたとくお、赤塚不二夫、長谷邦夫、水野英子、石ノ森章太郎が描く、まんがの青春。待望の復刊。

    ■漫画家たちの青春の記録
    「机もなんにもない部屋で売れないまんがをセッセと毎日かいていた。トキワ荘はまんがの宝庫だった。生きたまんがの参考書がゴロゴロいるのだ。まんがのことでいきづまると先輩の部屋へおしかけ、相談した。毎夜集まって夜明けまでまんがを論じあった」(赤塚不二夫)
    昭和30年代初め、東京・豊島区椎名町(しいなまち)の2階建て木造アパート「トキワ荘」。入居していた手塚治虫を慕う、若く才能のある漫画家たちが次々と引っ越してきて、「トキワ荘」はいつしか少年マンガ揺籃(ようらん)の地となっていった。住人であった漫画家たちが、それぞれの作品で当時の思い出を綴(つづ)る貴重な記録──待望の復刊!
    --------------------

  •  図書館でなんとなく手に取り読みました。
    若い頃の思い出。楽しくていいですよね。

  • こんな時代があったんだなと。今見てもそうそうたるメンバー。

  • 言わずと知れた昭和を代表する漫画家たちの聖地、トキワ荘に集った仲間たちが当時を振り返って書いた漫画と、座談会。

    1983年に出版された本の復刻である。

    作品を寄せた漫画家は、手塚治虫、寺田ヒロオ、藤子不二雄A、鈴木伸一、水野英子、赤塚不二夫、つのだじろう、永田竹丸、森安なおや、よこたとくお、長谷邦夫、石ノ森章太郎。

    トキワ荘を舞台にした漫画の話は、藤子不二雄Aの「まんが道」が一番詳しいが、どうしても彼の視点から限定になるため、それ以外の当事者たちの視点から描かれた作品は貴重であり、とても面白い。

    それぞれのお互いへの思い、漫画への温度差、皆で共通して守ろうとしていることとか...手塚治虫への思慕なんてのは、例え手塚から嫌な思いをしても揺らがないもの、守るべきものだったことが今となってはよく分かる。

    漫画に描かれないけれども私の知りたいことは、
    ①寺田ヒロオが失意のもとにトキワ荘を去ったその後(まぁ寂しかったらしいが...)
    ②赤塚不二夫はいつからあんなになったのか?作品中ではとても美少年なのに...。
    ③つのだじろうはとてもとても真面目な青年だったのに、何をきっかけにオカルトに走ったのか??

    座談会は、物故者も元気に話しているから、1983年近辺のものかな。
    それから早30年。
    この本が出た頃の、更にその後の彼等の人生について、誰か解説してくれても良さそうなもの。
    それがないため、星1つ減点です。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1928年、大阪生まれ。漫画家。戦後漫画界の巨匠にして日本TVアニメの始祖。1989年没。代表作に『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『火の鳥』『ブラック・ジャック』他多数。全400巻の個人全集を持つ。

「2018年 『いばら姫』 で使われていた紹介文から引用しています。」

手塚治虫の作品

ツイートする