まんが トキワ荘物語(祥伝社新書288)

  • 祥伝社 (2012年8月1日発売)
3.58
  • (5)
  • (12)
  • (18)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 120
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396112882

作品紹介・あらすじ

昭和三十年代初め、東京・豊島区椎名町の二階建て木造アパート「トキワ荘」。入居していた手塚治虫を慕う、若く才能のある漫画家たちが次々と引っ越してきて、「トキワ荘」はいつしか少年マンガ揺籃の地となっていった。住人であった漫画家たちが、それぞれの作品で当時の思い出を綴る貴重な記録-待望の復刊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 最近、椎名町に再建されたトキワ荘に行く機会があり、そこで紹介されていた水野英子さんの作品の続きが読みたくなり手に取った。
    1969〜70年にかけて『COM』誌に掲載された漫画と対談の翠楊社版の復刊である。手塚治虫さん、藤子不二雄Aさんら、一線で活躍し続けた人たちの作品はさすがに一味違う。中でも石ノ森章太郎さんの作品は異彩を放っている。
    70年雑誌収載のトキワ荘組(と大家さん)による対談は終始明るいが、トキワ荘組のすべてが漫画家として成功したわけではない。その後、筆を折りメンバーとの交流を断った方もいる。それは本書で描かれた漫画からも少しだけうかがえる。それでもやはり、藤子Aさんの『まんが道』や本書のような記録を見て、自分の青春時代と照らし合わせ、心が熱くなる。

  • 以前住んでいた事のある椎名町にあったトキワ荘。
    そこは漫画家の聖地のような場所だったらしい。

    トキワ荘に住んだことのある漫画家達が
    その歴史を描いている。
    夢の生まれるアパートだったんだなぁ。

  • 良かった。トキワ荘ものは私の創造の原体験だ。

  • 70年頃に手塚治虫を含むトキワ荘のメンバーによって描かれた、共同生活とマンガ家の卵時代の想い出。各人の作品において住人の個性やストーリーが概ね一致しているのは、良好だった人間関係を表しているようだし、一部の素行不良でさえ許容する包容力には「家族」の絆を感じた。トキワ荘を定点観測した小品にマンガ家それぞれのセンスが出ている点は、本編集の読みどころ。見開き2ページだけで一話を構成する藤子不二雄、台詞を使わず表現力だけで見せる石森章太郎、中でも赤塚不二夫の作品は、破天荒ギャグの絵柄そのままながら、将来への不安や自信の喪失、仲間の励ましとサポート、そして飛躍のきっかけが描かれ、じんわり感動があった。

  • 伝説のトキワ荘と関わりのあった漫画家たちの、トキワ荘をテーマにしたマンガ集。それに加え、対談も収められている。

    復刊書だけあって、この対談には、その後あまり目にすることにないテラさんや藤本先生も参加しており、それだけでも興味を惹かれた。(恐らく後年であろうが、)藤子不二雄は、一人一部屋借りていたんだ、とか、いろいろと発見もあったりする。

    漫画自体には、ちょっと「??」というものもあるが、それも含めて面白い。石ノ森氏の漫画は、セリフなしであるが、その分圧倒される。

    [more]
    手塚 治虫 (著), 赤塚 不二夫 (著), 森安 なおや (著), 寺田 ヒロオ (著), つのだ じろう (著), 水野 英子 (著), よこた とくお (著), 鈴木 伸一 (著), 永田 竹丸 (著), 長谷 邦夫 (著), 藤子 不二雄A (著)

    内容紹介
    「机もなんにもない部屋で売れないまんがをセッセと毎日かいていた。トキワ荘はまんがの宝庫だった。生きた まんがの参考書がゴロゴロいるのだ。まんがのことでいきづまると先輩の部屋へおしかけ、相談した。毎夜集ま って夜明けまでまんがを論じあった」(赤塚不二夫) 昭和三十年代初め、東京・豊島区椎名(しいな)町(まち)の二階建て木造アパート「トキワ荘」。入居していた手塚治虫を慕う、若く才能のある漫画家たちが次々と引っ越してきて、「トキワ荘」はいつしか少年マンガ揺籃(ようらん)の地となっていった。 住人であった漫画家たちが、それぞれの作品で当時の思い出を綴(つづ)る貴重な記録――待望の復刊!
    出版社からのコメント
    伝説の漫画短編集の、待望の復刊! 昭和の時代を記録する資料としても重要な本書は、長く入手不可能となっており、マニア垂涎の本でした。 手塚治虫ほか計12人の力作をお楽しみください。

  •  
    ── 手塚 治虫《まんが トキワ荘物語 20120801 祥伝社新書288》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4396112882
     
    (20150905)
     

  • 【メモ】
    ・トキワ荘の住人と通い組がそれぞれの思い出を短編として描いている
    ・タッチもコマ割りも「笑わせようとして描いてるポイント」も現代の派手な漫画と全然違うんだな!と思った。正直、わかりにくいな、と思ってしまった漫画もある
    ・日本の漫画のご先祖様を拝むような気持ち
    ・一日ひとつアイデアを出す、一日ひとつ4コマを描くと決めてがんばるってやっぱりすごいと思う・・・
    ・大作家の人でも最初は安い原稿料だったのだ。そんなとき「仕事」はただ待っていても来ない。工夫と努力で狩りに出て捕ってくるもの。一緒に狩りに出られる仲間がいるのはすごく素敵な事だ!

  • 『まんがトキワ荘物語』読了。

    手塚治虫さん、つのだじろうさん、藤子不二雄Aさん、
    永田竹丸さん、寺田ヒロオさん、森安なおやさん、
    鈴木伸一さん、よこたとくおさん、赤塚不二夫さん、
    長谷邦夫さん、水野英子さん、石ノ森章太郎さん。

    それぞれの漫画家さんが、それぞれの視点から当時のことを振り返り、
    それぞれのトキワ荘物語を漫画として描かれた、短篇集です。

    漫画が好きで、トキワ荘にまつわる話が大好きな方であれば、
    楽しめる一冊だと思いました。

    トキワ荘が描かれた漫画は『まんが道』が有名ですが、
    色々な視点から見ると、当時のことを
    イキイキとイメージすることができました。

    --------------------
    少年まんが“伝説”の地
    それは2階建て木造アパートだった!

    手塚治虫、つのだじろう、藤子不二雄(A)、永田竹丸、寺田ヒロオ、森安なおや、鈴木伸一、よこたとくお、赤塚不二夫、長谷邦夫、水野英子、石ノ森章太郎が描く、まんがの青春。待望の復刊。

    ■漫画家たちの青春の記録
    「机もなんにもない部屋で売れないまんがをセッセと毎日かいていた。トキワ荘はまんがの宝庫だった。生きたまんがの参考書がゴロゴロいるのだ。まんがのことでいきづまると先輩の部屋へおしかけ、相談した。毎夜集まって夜明けまでまんがを論じあった」(赤塚不二夫)
    昭和30年代初め、東京・豊島区椎名町(しいなまち)の2階建て木造アパート「トキワ荘」。入居していた手塚治虫を慕う、若く才能のある漫画家たちが次々と引っ越してきて、「トキワ荘」はいつしか少年マンガ揺籃(ようらん)の地となっていった。住人であった漫画家たちが、それぞれの作品で当時の思い出を綴(つづ)る貴重な記録──待望の復刊!
    --------------------

  •  図書館でなんとなく手に取り読みました。
    若い頃の思い出。楽しくていいですよね。

  • こんな時代があったんだなと。今見てもそうそうたるメンバー。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

手塚治虫(てづか おさむ)
1928年11月3日 - 1989年2月9日
大阪府生まれ、兵庫県宝塚市出身の漫画家、アニメーター、アニメーション監督。その功績から、「漫画の神様」とも評された。1946年デビュー以後、漫画を表現とストーリーでもって魅力的な媒体に仕立てる。『ジャングル大帝』『鉄腕アトム』『リボンの騎士』『火の鳥』『どろろ』『ブラック・ジャック』『アドルフに告ぐ』など、世に知られる多くの代表作があり、アニメ化・実写化された作品も数知れない。

手塚治虫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
久住 昌之
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

まんが トキワ荘物語(祥伝社新書288)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×